2017
03.24

〇〇ロス・・・

Category: ドラマ

カルテット

火曜ドラマ『カルテット』

2017年1月17日火曜よる10時に始まり

3月21日 最終回でした。

『カルテット』1話を観て最初に思ったことは

(ドラマなのに舞台を見ているようだなー)と、いうこと。

なんだろう・・・みなさんの動きが大きいから?

特に家森さん。

リビングでもよく動いていました。

みなさん、階段もトントントンと登ったり降りたり。

動きにリズムがありました。


「おもしろかった」と、ひと言では言えない。

夢中で観ておりました。



観た後で、Twitterでみなさんの考察を読み

ドラマを見返すということをしていました。


劇画原作者・小池一夫さん(@koikekazuo) のtweetから


― ドラマ「カルテット」、終わってしまいました。
僕がいちばんこのドラマで印象に残ったのは、4人とも不完全な人間であるにも関わらず、
決して相手を「怒らない」「否定しない」のドラマであったなあということです。
人の非をあげつらい、嘲笑う人間ばかりが目につく世の中ですが、彼らは決して怒らない人達でした。
そこがこのドラマに心惹かれた大きな点でした。
ノクターンが、割烹 のくた庵になってもオーナーが怒るどころか着物姿で余裕なところで笑ってしまいました。
しかも流行ってる!週刊誌やステージに缶を投げ入れるような悪意に満ちた人もいる中で、最後までやさしい4人でしたね。―


なるほど!!

だから、観ていても嫌な気持ちにならなかったのかもしれませんね。


メイキングの様子など、スタッフさんのBlogで読みましたが

俳優さんの立ち位置、セリフなど

本当に細かく打ち合わせをしていることを知りました。

(どのドラマ、映画もそうなんでしょうね)

スタッフさんの姿を見ていると

「視聴率なんて関係ないじゃない!!」とは言えないなぁ。

でも、多くの人にこのドラマの良さは伝わりましたよね。


いろいろ考えながら観るのも楽しかったです。

さみしい・・・。

ありがとぅーショコラ。

センキューパセリ。



トラックバックURL
http://flight1107.blog92.fc2.com/tb.php/971-06f650e0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top