希望の国

希望の国

映画「希望の国」観てきました。

~舞台は東日本大震災から数年後の20XX年、日本、長島県。

酪農を営む小野泰彦は、妻・智恵子と息子・洋一、その妻・いずみと満ち足りた日々を送っていた。

あの日が来るまでは。

長島県東方沖を襲ったマグニチュード8.3の地震と、

それに続く原発事故は、人々の生活をたちまち一変させる~


セリフが痛い・・・。

突き刺さるんです。

でも強くは訴えないんです。

映像で伝えてくる。

「こんな事があったよ。」

「あちらこちらで起こっていたんだよ」

「決して大げさな事ではないんだよ」


観終わった後で近くのデパートへ寄りました。

行き慣れた場所なのに迷ったんです。

一瞬、どこに居るのか分からなくなった。

それほどの衝撃でした。


ジワジワとヒット(?)しているらしいです(笑)

多くの方に届きますように。



何も知らなかったなぁ、福島のこと。

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い