archive: 2016年11月  1/1

(〃'∇'〃)ゝ

No image

倉本先生の講演内容について書かせていただきました。私が初めて富良野塾の舞台を観劇したのが22歳だったかなぁ~。30年以上も前の話。『昨日、悲別で』『谷は眠っていた』『今日、悲別で』 ~ありがたいことに、たくさん見させて頂きました。2017年の舞台『走る』も行きます。あっ、ドラマも始まるそうですよ。コチラ ↓やすらぎの郷2017年春~ テレビ朝日系列楽しみです。...

  •  0
  •  0

倉本聰先生講演会

No image

11月18日(金) 中日文化センター開講50周年記念テーマ講演会脚本家 倉本 聰 さん 『生きる力はどこから湧くか』― 「北の国から」のような北海道で生き抜く小さな家族の大きな愛といった、殺伐とした社会で日本人が忘れかけている大切なもの、幼少期に戦争を体験し、東京を離れ北海道で生活して来た倉本さんが感じた「生きる力」について語ります。―行ってきました。約1時間20分、濃厚な講演内容を少しだけ書かせて頂きます...

  •  0
  •  0

8年

No image

2008年から始めたBlogも今日で丸8年。月に、一度しか書かないときもあります。Twitter に疲れたときはBlogに逃げます(='m') Blogが好き。(カテゴリに日記と雑記があることに気が付きましたが大したことも書いていないので、このままでいいかな)...

  •  2
  •  0

季刊文科69号

『鳥影社』 さんから無事、届きました。今日、代金(1,620円)を振込みました。文芸雑誌で1,620円は高いのでしょうか。柴田翔さんの作品が単行本化されるまで待つこともありですがなぜか、買ってしまうのです。文芸誌を・・。10代後半の頃“柴田翔”さん、“三田誠広”さん、“庄司薫”さん、など背伸びをして読んでいました。“佐藤愛子”さんも大好きな作家さん。しばらく遠ざかっていましたが『九十歳。何がめでたい』(小学館) が、...

  •  0
  •  0

文芸誌

最近購入した文芸誌      『小説BOC』 は予約してあったので無事に届きました。『小説幻冬』 は、書店で買うつもりでしたが甘かった・・・。ジュンク堂書店で在庫を訊いたところ、名古屋市内全店で在庫切れ。入荷の予定もなし。あきらめ半分で三省堂書店に行ったところなんと、山積みされていました。書店さんの裏事情は分かりませんが無事、購入できたので良かった、良かった。こちら ↓予約をすれば良かったと激しく後悔...

  •  0
  •  0