2015
07.28

読了

Category: 小説・文学


今年は、色々忙しく過ごしているので

時間が取れなく、本をほとんど読んでいませんでした。

集中力もなく、数ページ読んでは閉じてしまう毎日。


引っ越しから一週間。

でも、こんなに暑くては部屋の片づけも進まないです。

ならば、読書で気分転換。

高橋弘希さんの『指の骨』 

指の骨


決して読みやすい作品ではありません。

BOOKデータベースより

コチラ ↓

太平洋戦争中、激戦地となった南洋の島で、野戦病院に収容された若き兵士は何を見たのか。
圧倒的リアリティで選考委員を驚愕させた第46回新潮新人賞受賞の新世紀戦争文学。

と、あります。

南の島で傷つき、野戦病院で過ごす兵士。

そこで出会った戦友たちの死。

リアルな描写が悲しくて、痛くて。

胸がキューッと締め付けられる。

ラストの一文が特に良かったです。

久しぶりの読書。

読めなくなるのではないかという不安が消えました。

『指の骨』

読むことが出来て良かった。

すごい作品でした。


Comment:0  Trackback:0
2015
07.23

アルバム

Category: 日記


そうそう、捨てられないものに

アルバムがありました。

子供たちはの写真は捨てられないですよね。

それから、親戚の結婚式に出席して頂いた集合写真。

自分達の結婚式のアルバムは黒歴史。

ダンナちゃんは言います。

「なんで黒歴史?楽しい思い出だよ」

( ̄▽ ̄;)

こういう人だから、結婚生活が続いているのかも。
Comment:0  Trackback:0
2015
07.23

引っ越し完了

Category: 日記


夏の引っ越しは大変でした。


1日目、処分品を引き取りに来てもらいました。

上の息子の机は処分。

押し入れで眠っていたふとんなど

20年間の思い出は取って置き、要らないものを処分。

手際よく運んでもらう中

よく、これだけ溜めてあったとあきれるばかり。

2日目、行程も早く進んだため

新居に家具も入れてもらいました。

小雨で蒸し暑い中での作業。

本当にありがとうございます。

3日目、使っているふとん

自転車などを運んでもらいました。

新しい家に溢れる段ボール。

少しずつ片付けていますが暑くて、暑くて。

今までは、マンションの3階で生活をしていたため

スリッパを履いて歩く時もスリスリと摺り足で歩いていました。

下の階の人に迷惑にならないように

大きな音を立てないなど

20年間の習慣が体に染み付いています。

慣れるまで大変。

そして、処分してもらいすっきりしたので

これ以上物を溜めないようにしないといけませんね。

でも、向井くんの載っている雑誌。

小説の新聞記事の切り抜き

20代の頃に観た映画のパンフレット

半券などは捨てられない。

困ったものです。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top