2015
03.29

モルモット

Category: 雑記

先日、ホームセンターで見掛けたモルモット。

グレーとホワイトの巻き毛がかわいいアビシニアンでした。

ケージをコンコンと叩くと「ん?」という表情で顔を上げて寄ってきてくれました。

そして、私の人差し指を甘噛みするんです。

本気で噛まれる前に手を引きました(・Θ・;)

一緒に居たダンナちゃんと次男に

「ラッタ(去年死んでしまった愛モル)の匂いが残っていたのかな」と言うと

「それは無い!!(笑)」と言われました。


愛モル「ラッタ」

P1010085.jpg

2014年3月5日 星になりました。

6才と1日 でした。

モルモットを飼う方の参考になる様に

病気のこと、飼育方法など書かなくてはいけないなぁ~。

半端なことはしたくないので、しっかり書きたい。

そのための時間が・・・。


あー、また、飼いたいな。

小さな命を預かるのは大変だけれど

それ以上に幸せを届けてくれるから♪


Comment:0  Trackback:0
2015
03.17

風に立つライオン

Category: 映画

20150317_165515.jpg

映画『風に立つライオン』 鑑賞

1987年、ケニアのナクルにある長崎大熱帯医学研究所に

日本人医師、島田航一郎(大沢たかお)と青木克彦(萩原聖人)が赴任する。

航一郎たちは、内戦中のスーダン国境に近いロキチョキオの赤十字戦傷病院に派遣され

傷付いた子供たちの治療にあたる。

そこで、自分の無力さを痛感する。

一か月の任期を終えナクルに戻った航一郎だったが、ロキチョキオに戻ることにした。

心を砕き接することで、傷付いた少年たちの気持ちも次第にほぐれていった。


さだまさしさんの楽曲『風に立つライオン』を聴き小説化、映画化を熱望。

念願かない映画化が実現したんですね。

何度か訪れているアフリカでのロケも、空き時間は子どもたちとの触れ合いを大切にしたそうです。

銃撃で傷付き病院に運ばれる少年兵たちを演ずるのは

ケニアでオーディションをおこない選ばれた子供たち。

自然な様子が良かったです。

時々、カメラ目線になるのもかわいくて(-m-)

なぜ少年兵になったのかを語るシーンは、リアルで涙がこぼれました。

教育も受けられず、銃を手にしなければいけない現状。

心も体もボロボロにされ傷付いた子どもたち。

映画の中だけの話ではないと思います。

また、航一郎の恋人、貴子(真木よう子)は長崎の離れ島に住み

脳梗塞で倒れた父親の診療所を引き継ぐことにします。

長崎の宇久島でロケがおこなわれ、島に住んでいる方たちが出演。

方言で話すおばあちゃんたちがとても良かったです。

ホッとする瞬間でした。


大沢たかおさんがとても自然でした。

大草原にたたずむ白衣の姿が、ある意味で本当の日本人医師でした。

1968年台の時代考証も見応えがありました。

小学生の航一郎の背中越しに映る整理タンスには、アニメのシールがペタペタと貼ってあり

(あー、そう云えば、自分の引き出しにはアニメのシールを貼っていたな)と懐かしく観ていました。

さすが、三池監督、そしてスタッフさんたちです。


本当に素晴らしい映画でした。

たくさんの人に観てもらいたいと心から思いました。


Comment:0  Trackback:0
2015
03.15

メリル・ストリープ

Category: 映画

好きな女優さんはだれ?と訊かれたら

「メリル・ストリープ」と迷わず答えます。

3度のオスカー受賞。史上最多の19回のノミネート。

初受賞は「クレイマー・クレイマー」(助演女優賞)

綺麗だったなぁ~。大好きな作品です。

そして、映画『イントゥ・ザ・ウッズ』のプロモーションで来日している彼女を

めざましテレビの軽部さんがインタビューした模様が3月12日に放送されました。

65歳のいま、年齢を重ねるに連れハリウッドのある現実に危機感を抱くようになったとか。

ハリウッドは30代後半になったらお払い箱。

“女優の賞味期限は40歳”

実力があっても、アラフォー女優の出演依頼は激減しギャラも下がってしまう。

ジュリア・ロバーツ(47) 40歳以前の出演作は34本、40歳以降は9本。

ジョディ・フォスター(52) 30本→10本

メグ・ライアン(53) 25本→9本

反対に男優は、ジョニー・デップ(51) トム・クルーズ(52) ブラッド・ピット(52)

40歳を過ぎても大活躍している。

メリル「1年に公開される映画の中で女性のセリフは22%しかないんですよ。」

*残り78%は男性のセリフ

「決して良い状況ではありません。私の年齢だと(セリフは)さらに少なくオファーの数も多く無いんです」

― 女優は40歳で用済み?メリル語る“裏側” ― めざましテレビより

第87回アカデミー賞で

「6才のボクが、大人になるまで」 で助演女優賞を受賞した

パトリシア・アークエットさんも感謝の言葉のあと

「人類に平等を。そして女性にも平等の権利を与える時がきています。

アメリカでもきています。女性に平等の権利を与えるべきです」

と、話し、その言葉にメリル・ストリープたち女性陣がこぶしを挙げて応えていました。

そう云えば、男優さんは映画の監督、制作などでも活躍している方が多いですよね。

華やかなハリウッドの裏側が厳しい世界だと知ることが出来ました。

それにしても、メリル・ストリープは相変わらずお綺麗でした(///∇//)


Comment:0  Trackback:0
2015
03.10

サラバ!

Category: 小説・文学

サラバ!上 サラバ!下

西加奈子著 『サラバ!上・下』 (小学館)

1977年5月、圷歩は、イランで生まれた。
父の海外赴任先だ。チャーミングな母、変わり者の姉も一緒だった。
イラン革命のあと、しばらく大阪に住んだ彼は小学生になり、今度はエジプトへ向かう。
後の人生に大きな影響を与える、ある出来事が待ち受けている事も知らずに――。

↑ BOOKデータベースより


高校を卒業した歩は
家族から離れるため東京の大学へと進む。
父も母も姉も、それぞれが勝手に生きている。
歩は家族に対して腹をたて残酷な気持ちになるのだった。
そして、恋人、友人を傷つけ自身も傷つくことになるのだが
彼は不器用に精一杯生きる。
読者である私は、歩でもあり、姉の貴子でもあった。
読みながら、どうしようもなく悲しかった。
歩たちが幸せでありますように。それだけを願う。

(↑読み終えてTweetしました)


著者の西さんも
「救いのある話にしようとおもった」と話されています。
ラスト、どのように落ち着くのか、ぜひ読んで確かめてくださいませ。

ところで 『サラバ!』 はもう少し後から読むつもりでした。

直木賞も受賞されたし・・。

私ひとりくらい読まなくても、売れ続けるだろうと思っていました。

へそ曲がりなもんで(〃'∇'〃)ゝ

ありがたいことに、お友達が貸してくれたのです。

読み始めはゆっくり、そして上巻の中盤から止まらなくなりました。

下巻に入り、一気読みです。

歩の気持ちの揺れ動くさまに胸が痛みました。

変わり者の姉のお陰で自分は・・など、人を責め続けますが

色々な事に気が付いていくんですよね。

歩の苦しみがひしひしと伝わって来ます。

その苦しみを私も共有してしまいました。

西さんのインタビュー記事を読み、

TV出演された番組の録画を観て、西さんの言葉を拾い集めました。

そして『サラバ!』から解放され、気持ちの整理が出来たのです。

2014年11月14日 宮崎美子のすずらん本屋堂 に出演されていました。

作家生活10周年ということで、書き始めた頃と、10年が経った今変わったことは?

西さん「10年経ち、技術が増え、作家として格好つける自分を排除するようにしています。
     難しい言葉を書きたくなるんですが、デビュー前の私なら分からなかった。
     優しい方に替えるよう心がけています」

「10年経ち、読み手の皆さんへは感謝の気持ちが増えた」ともおっしゃっていました。

独特の世界観。

これからも楽しみな作家さんです。


Comment:0  Trackback:0
2015
03.01

怒涛の2月

Category: 雑記

こんな2月は今までなかった。

と、いうくらい怒涛の2月でした。

上旬には私自身の体調が悪く腰痛でカクカクとしか歩けず

コルセット装着とストレッチで良くなってきました。

気になることもあり、婦人科でのがん検診。

結果は陰性。

良かったぁ~。

血液検査の結果、女性ホルモンの分泌も通常だそうです。

この気分の塞がり具合は更年期では無かったのね・・・。

今は、気分、体力向上を促す漢方薬で良くなってきました。

そうそう、漢方薬は飲んだとき、甘く感じると効いているそうです。

「良薬は口に苦し は間違いですよ」とクリニックの先生はおっしゃっていました。

処方された漢方薬を飲むと、甘い!!

甘く感じるので効いているということですね。

そして、下旬には義父が貧血で倒れ入院。

28日、無事退院しました。

心不全もあるので気を付けなくては。

親の介助、介護も深刻になって来ました。

自分の体調に気をつけながら無理なく介助します。


書きたいことがたくさんあるのに

怒涛の2月を過ごしたため気持ちが付いていかず書けなかった(_ _。)・・・






Comment:0  Trackback:0
back-to-top