archive: 2014年10月  1/1

小野寺の弟・小野寺の姉

『小野寺の弟・小野寺の姉』観てきました~。去年、舞台で上演された作品。片桐はいりさん、向井理くんの息もピッタリ!!役どころは姉弟ですからクセもしぐさも似ていて当たり前。二人が揃って「ふふふっ」と笑うシーンは本当の姉弟のようで、つられて「ふふふっ」と笑ってしまうほど自然でした。片桐さん、お姉ちゃんそのもので可笑しかったです。向井くんも、お姉ちゃんに逆らうのは面倒なので「はい、はい」とやり過ごしてしま...

  •  0
  •  0

どよーん

No image

2014年10月25日に更新された向井理くんの公式Blogコチラ ↓The laboratory25日に公開された『小野寺の弟・小野寺の姉』 の話から始まり― さて、突然ではありますが。今回の更新をもちましてこのブログを終了することにしました。閲覧できるのも今月いっぱいです。―向井くんからの報告に「え~っ!!」頭の中は真っ白・・・。そして (|||_|||) どよーん更新のメールが届くとうれしくて、ニヤニヤしながらBlogを読ん...

  •  0
  •  0

マザーズ

No image

10月19日(日)放送されましたコチラ ↓中京テレビ開局45周年記念ドラマ 『マザーズ』 放送は終了していますし、全国放送ではありませんでしたが(東海三県のみ)心に残る作品でしたので紹介させて頂きます。ストーリー― 両親の愛情に包まれ、お人好しでフツーな19歳に成長した浪人生、山瀬健太(中村蒼)はある日突然、自分が養子であることを知ってしまう。健太は自分の出自と産みの母のことを知りたいと特別養子縁組...

  •  0
  •  0

BOOK MARK NAGOYA2014

 2014年10月11日(土)~11月3日(月)「本と本屋の魅力を発見する」イベント、ブックマークナゴヤ10月19日(日)SOCIAL TOWER MARKET へ行ってきました。名古屋テレビ塔下から久屋大通公園の北エリアで開催。アンティークを扱うお店、うつわ、アクセサリーなどを並べたお店オリジナルタオルなど、作家さんやデザイナーさんの個性もキラリ。芸術の秋にふさわしく、オシャレで楽しい雑貨がたくさんありました。テ...

  •  0
  •  0

闇に香る嘘

下村敦史 『闇に香る嘘』 (講談社)村上和久は孫に腎臓を移植しようとするが、検査の結果、適さないことが分かる。和久は兄の竜彦に移植を頼むが、検査さえも頑なに拒絶する兄の態度に違和感を覚える。中国残留孤児の兄が永住帰国をした際、既に失明していた和久は兄の顔を確認していない。27年間、兄だと信じていた男は偽者なのではないか――。全盲の和久が、兄の正体に迫るべく真相を追う。BOOKデータベースよりまず、主人公で...

  •  0
  •  0

移動

No image

もうひとつのBLOG ↓風に乗せて の記事を、こちらに移しました。本の感想などが、あちらこちら、と、散らばってしまったためです。風に乗せて でも読むことは出来ます。記事が重複しますがよろしくお願い致します。...

  •  0
  •  0

天に星 地に花

No image

帚木 蓬生 『天に星 地に花』 (集英社)― 久留米藩領井上村。大庄屋高松家の総領・甚八と弟の庄十郎は父に連れられ、数千 と集まる百姓たちの姿を目の当たりにする。時が経ち、甚八は家督を継ぎ、庄十郎 は自らの病をきっかけに医師の道を志す。―BOOKデータベースより大庄屋の次男として生まれた庄十郎は、増徴に怒り集まる数千の百姓たちの姿を目の当たりします。後に病に掛かり、医師、木林鎮水に救われます。木林鎮水に師...

  •  0
  •  0

途上なやつら

No image

まさきとしか『途上なやつら』(中央公論新社)― 母親に置き去りにされた純矢があずけられたのは、正体不明の「絵に描いたようなデブ」である歌子のもと、落ちこぼれの大人ばかりが居候するボロ家だった…。―BOOKデータベースより―第1章 夏―どうやら僕はあの女に捨てられたらしい。この一文から物語は始まります。小学5年生の純矢はがサマーキャンプから帰ると母親はおらずアパートはからっぽ。置き手紙には「・・・これからは...

  •  0
  •  0