2014
02.16

昭和の犬

Category: 小説・文学

236125_01_1_2L.jpg

姫野カオルコ著『昭和の犬』(幻冬舎)

~ひとりの女性の45年余の歳月から拾い上げた写真のように、昭和から平成へ日々が移ろう。
ちょっとうれしいこと、すごくかなしいこと、小さなできごとのそばにそっといる犬と猫。~


昭和三十三年生まれの《柏木イク》は五歳の時

預けられていた宣教師の元を離れ、父《柏木鼎(かなえ)》母《柏木優子》と共に滋賀県香良市へ移り住む。

その家は、畳も便所も無い仮宿のようなところ。

そして、もっとも無かったのは家族での会話だった。

突然、赫怒(かくど)する父、イクに愛情を見いだせない母。

イクは、東京の大学に進学をする事で家族から、滋賀県から脱出。

卒業、就職をした後も滋賀へは帰らず東京に残る。

出逢った人たちには親切に世話をしてもらった。

飼い犬に噛まれた事もあったけれど、幸せを運んでくれた犬も居た。

「今日まで、私の人生は恵まれていました」

切なくて懐かしい昭和を感じられる小説。


姫野さんの以前の作品を読み返したくなりました♪

 
Comment:0  Trackback:0
2014
02.16

ス・マ・ホ

Category: 日記
先日、下の息子が機種変をすると云うので

一緒にdocomoシュップに行きました。

その時点ではスマホデビューをするか迷っている状態で・・・。

お友達から2台持ちの事も教えて頂きました。

契約するならそちらの方向にしようかと思っていました。

で、結果、2台持ち。

ガラケーはメアドを残し、通話もガラケーで。

そしてスマホは新規契約。

ガラケーのメアドが残せた事は一番大きいかな~。

購入したスマホは



GALAXY Note3

ガラケーーの機種変もしました。

パナソニックの「P-01E」

両方とも色はブラックです。

jp_SM-N900DZKEDCM_002_Back_black.jpg P-01E


スマホデビューです(='m')

Comment:2  Trackback:0
2014
02.07

お誕生日

Category: 向井理くん
2月7日は、向井理くん32歳のお誕生日。

おめでとうございます!!

笑顔あふれる1年を過ごして欲しいです。


そして『S-最後の警官-』

スタッフさんからのお祝いケーキ

Twitter(エス-最後の警官- @esu201)にUPされています。

映画『小野寺の弟・小野寺の姉』2014年秋公開予定 小野寺進役

『百瀬、こっちを向いて。』2014年5月10日公開 大人のノボル役

どちらも、ものすごく、ものすごく楽しみ!!


『百瀬、こっちを向いて。』(祥伝社文庫)の原作は中田永一さん。

Bookデータベースより

~人間レベル2」の僕は、教室の中でまるで薄暗い電球のような存在だった。
野良猫のような目つきの美少女・百瀬陽が、僕の彼女になるまでは―。
しかしその裏には、僕にとって残酷すぎる仕掛けがあった。
「こんなに苦しい気持ちは、最初から知らなければよかった…!」
恋愛の持つ切なさすべてが込められた、みずみずしい恋愛小説集。~

大好きな作品です。

原作も読んでみて下さいね~。

Comment:0  Trackback:0
2014
02.07

エッ?

Category: 小説・文学

本を読む時、先入観を持たないため

何の準備も無く読み始めます。

帯の言葉も読まない様にしています。

読み終えた時は

書評家の方、その作品を読まれた方の感想を検索して参考にさせていただきます。

ブログで感想を書かれている方は

「ネタバレあります」などと書いて下さる事が多いので未読でも安心。


ある日、いつもの様に読み終えた本を検索をしていると

とあるサイトでその小説に付いての感想が書かれていました。

それも思いきりのネタバレ!!

衝撃のラストなんですが事細かく書かれていました。

それを知ってしまってはおもしろさが半減してしまいます。

中にはネタバレを気にされない方も居ますが。


改めて気を付けなくてはいけないと実感しました。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top