2013
05.31

ラジオ

Category: 雑記

一日のほぼ半分はラジオを聴いて過ごします。

4月の番組編成で、ZIP-FM、FM AICHI それぞれお気に入りのパーソナリティさんも移動。

ZIP-FMのミュージックナビゲーターさんOさんも

平日の時間帯から土曜の15時~19時に移動してしまいました。

Oさんは洋楽の曲紹介の時

アーティストに付いて、曲に付いて詳しく教えてくれるのです。

替わってしまっても、土曜日にはOさんが担当する番組があるので楽しみにしていたんです。

4月、ZIP-FMで女性ミュージックナビゲーターのHさんとお二人での番組が始まりました。

あれ?何か違う・・・。

お二人がかみ合っていないのは仕方が無い。

まだ、始まったばかりですからね。



第2週目、あれ?何か違う・・・。

ラジオを聴いている私が緊張している。

お一人、お一人、個性が強いのでぶつかりあってしまう感じです。

(あくまで個人の感想に過ぎません)


そして、違う番組。

毎週、金曜のAM11時30分~15時

FM AICHI ラジマル・フライデー

パーソナリティ、マルコ石本さんと田口悠子さんのお二人の番組。

金曜日だけの放送ですがお二人の掛け合いが絶妙!!

すごくおもしろいんです。


ラジオから届く声は、全てを表しています。

聴いていて、楽しいのがいいなぁ~♪


Comment:0  Trackback:0
2013
05.27

なぜ、なぜ東京だけ(一部修正しました)

Category: 日記
↓ リンク先を修正しました。

好きな作家さんのサイン本を

手に出来た時の昂揚感。

満足感。

幸せ感。

しかし・・・

サイン会などは東京が多い。

と、云うかほぼ東京。

なぜ、なぜなんだ!!

名古屋にも

他の地域にも来てください。



話しは飛びますが

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』で

名古屋の事が書かれていますが

大森望さんと、豊崎由美さんの

↓ コチラ

村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』メッタ斬り!(honto電子書籍ストア)では


大森「あと、名古屋ね。まさか村上春樹が名古屋を書くとは思わなかった」

豊崎「名古屋人はものすごいプライドとものすごいコンプレックスを
   共に持ってるのも特徴的なんです。
   愛知県は、天下人を3人も出したとか、
   バブルがはじけた時も大丈夫だったとか、
   地下街がすごいとか、
   くだらないプライドなんですけどね。
   で、心の奥底にある東京に対する強いコンプレックスは
   絶対おもてに出さない。
   その意味で、名古屋は世界における日本と相似形なんです。
   つまり、メタフィクショナルな街。
   そういう事も、ハルキが小説の舞台に選んだ理由なんじゃないかな。」


なるほど!!

言いえて妙。

豊崎由美さんは愛知県出身です。


村上春樹さんがなぜ名古屋を選んだのか。

ハルキストでは無いので分かりません。


話しが、あちこち飛びました<(_ _)>

Comment:0  Trackback:0
2013
05.27

『友罪』

Category: 小説・文学
51yxhfNFkbL__SS400_.jpg

薬丸岳『友罪』(集英社)

―過去に重大犯罪を犯した人間が、会社の同僚だとわかったら?―

心に傷を抱え静かにひっそり生きる者。

その傷に爪を立てる者。

やりきれないモヤモヤとした思い。

薬丸岳さんから届けられたメッセージ。

自分だったらどうする?やはり、答えは出ない。

ひとり、ひとりの心理描写から感情移入しやすい。


薬丸岳さんはインタビューで

「デビュー以前から抱えていたテーマ」と答えていらっしゃいます。


ネットでは、罪を犯した者の個人情報も得る事が出来ます。

名前、顔などは分かりますが

罪を犯した者の心理はどこにあるのか・・・。

本当の事は、当事者しか分からない事です。


薬丸さんの著書は全て読んでいますが

今回はいつも以上に考えさせられました。




Comment:0  Trackback:0
2013
05.19

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

Category: 小説・文学
村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』

村上春樹 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 (文藝春秋)

~良いニュースと悪いニュースがある。

多崎つくるにとって駅をつくることは、

心を世界につなぎとめておくための営みだった。あるポイントまでは…。~

「BOOK」データベースより

読了しました。

発売当時のあのお祭り騒ぎ、なんだったんでしょうね。

嫌な騒ぎ方だったなぁ。



色彩を持たない「多崎つくる」は

大学2年の時、あることがきっかけで深く傷付くことになります。

その理由を知るため巡礼の旅に出ます。

↓ ネタバレになります









多崎つくるは、ある日突然、友人たちから絶縁される。

そして、深く傷つき死をも考える。

どうして絶縁されたのか、理由を知る事が怖くて

そのまま、連絡を取ることなく年月だけが過ぎていく。

そして、36歳になった「多崎つくる」の背中を押し

巡礼の旅に出ることを勧める2歳年上の恋人「木元沙羅」

なぜ拒絶されたのか。

「その人たちに会って話をすることが、あなたにとって大事だと思った」


色彩を持たない「多崎つくる」

無色透明な彼が、唯一持っている色彩が

傷ついた心から流れ続ける「赤い血」

色彩を持っていないと思っていたのは

実は、自分だけで、絶縁を叩きつけた友人たちは

違う見方をしていたのではないのか。

友人と会うことにより、中盤からは徐々に

「多崎つくる」の心に穏やかな安らぎが見え始めた気がする。

彼は救われるのか。


ある、個所については村上春樹さんから

「さぁ、考えて」と丸投げをされた感じもあるけれど

それはそれで面白いと感じました。


お祭り騒ぎが過ぎたところで

本書を手に取り、じっくり読み始めるのも良いと思います。



Comment:0  Trackback:0
2013
05.17

ありがとうございます

Category: 日記
こちらにも来てくださってありがとうございます。


おととい、昨日と

すごし、にぎやかな方達と会う機会がありまして

おとといは

小さな頃からお世話になっているご家族が

実家に来てくださると云うので私も行ってきました。

○○さんご一家は、お母さまと3人の娘さんで来て下さいました。

みなさん、良いお母さんになっていらっしゃいますが

おばさんを始めキラキラと花が咲いたように華やかでした。


そして

昨日は、下の息子が幼稚園時代にお世話になったママ友3人と私の4人でとランチ。

こちらもにぎやかな時間を過ごしました。


ママ友の2人には妹さんがいらっしゃいます。

そして、1人はお姉さんが2人いらっしゃいます。

つまり、ママ友3人は女兄弟(姉妹)で育ったわけです。


姉妹で育った方・・とてもにぎやか・・。

母も7人兄弟の内の3姉妹です。

楽しい時間でしたが

2日間は圧倒されっぱなしでした。

(私には弟)



2日間、夢でうなされました。

少し、疲れましたε-(´・`)


こうして、書き散らす事でストレス発散(・Θ・;)

Comment:0  Trackback:0
2013
05.17

ありがとうございます(一部修正しました)

Category: 雑記
↓ リンク先を修正しました。


あちらこちら(Twitterなど)

書き散らしていますが

来てくださって、ありがとうございます。


今、これ ↓ 読んでいます。

さすが、おもしろい!!

色々な方が、レビューを書いていらっしゃいますが

大森望、豊崎由美さんの

こちら ↓

村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』メッタ斬り!(honto電子書籍ストア)

本書と並行して読んでいます。

こちらも、さすが!!おもしろい。


Comment:0  Trackback:0
2013
05.11

映画『藁の楯』

Category: 映画

藁の楯

4日、観てきました。

原作を読んでいないので先の展開にハラハラ・ドキドキ。

藤原竜也くん、言葉に出来ないほどの迫力。

狂気を帯びた冷たい視線が怖かったです。

ニヤッと笑う場面は背筋がゾーッとしました。


暴力シーンは少し辛かったですが

心理戦もありで見応え十分でした。

なんと言っても、ロケ地は愛知県・三重県・岐阜県などが選ばれ

(あっ!!ここは!!)と見知った場所が多くありました。


大沢たかおさん、永山絢斗くん、熱演です。

ただ、松嶋菜々子さんのチカラ強さが伝わって来ない。

少し、輝きが失われているように感じました。


言ってしまえば全て、藤原竜也くんに持って行かれた感じですね。


『藁の楯』

意地悪な言い方になりますが

ものすごーくお金の掛かった映画と云う印象も。

その分、スケール感は半端なかったです。

木内一裕さんの原作もチェックしてみたいと思います。




Comment:0  Trackback:0
2013
05.11

プロモーション

Category: 音楽
2日、あるバンドが

アスナル金山でフリーライブを行いました。

研修先から帰省をしていた長男が

「友達に誘われたから行って来るわ」と。


開催は19時~

息子たちは18時に待ち合わせをしたそうです。

ものすごく人気のあるバンド。

「きっと、すごい人だよね」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰宅した息子

「ものすごい人なんてもんじゃ無かった.

2Fのフリースペースも入り込めない感じ」

息子は1Fで観覧。

背が高いので、ファン女の子たちの後ろからでも

何とかライブを観る事が出来たそうです。

「メンバーもサッと来て、パッと歌って、サッと帰って行った」らしいです( ̄Д ̄;;

「そんなにすごかったんだ~」

アスナル金山のHPを見てみると

~5/1発売シングル「RPG」のリリースを記念して、
SEKAI NO OWARIがアスナル金山にてフリーライブを開催いたします!
また、当日会場で5月1日リリースのシングル「RPG」をご購入頂いた方に、
抽選で300名様に「優先エリア券」を配布させて頂きます。
そして、「RPG」購入者様には先着でもれなく、会場限定RPGポスターと
特製ポストカードの計2点を会場限定特典としてプレゼントさせて頂きます。

※観覧はフリーです。だだし、ステージ前方のみ
「優先エリア」(300名)となっております。~

あるバンドとは

SEKAI NO OWARI

優先エリアが抽選!!

ブラッと出かけた息子たち。

よく見られたな~と感心するやら驚くやら。


後日、友だちにこの話しをすると

「そんなに人気のバンドなのにプロモーションしないと

CDも売れないんだよ」

なるほど・・・。

アメリカにはCDショップはほとんど無いとか。

みんなDLなんですね。

ブックレット・ライナーノーツは必要無いんですね。



SEKAI NO OWARI

コチラ ↓

RPG


アスナル金山はこんなとこ。

コチラ↓

アスナル金山

右、コカコーラの看板の下、薄い黄色い所がステージです。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top