2012
10.27

TRIPLANE Two-Man LIVE TOUR2012

Category: TRIPLANE
曲名が違っていました。

一部、修正しました。

あと、「Darling」も歌ってくれました。

大好きな歌なのに、セトリから抜けていました。

「you」の後だったと思います。

(セトリ、すでに曖昧なのでハッキリしません;;ごめんなさい)



TRIPLANE Two-Man LIVE2012~俺らがやらなきゃ誰がやる!~in 名古屋

2012年10月26日

ツアーファイナル、行ってきました。

兵衛くんがblogで募集した

ファイナルの特別企画「オープニングでアコースティックミニ・ライブをやっちゃおう」

妖花・声・オレンジ をオープニングで歌ってくれました。

その様子はこちら↓


兵衛「妖花はアマチュア時代に歌っていた曲なので随分前・・・」

ケイン「どの位前ですか?」

兵「うーん、10年?11年前。その曲が上位に入っている。

  11票くらいでしたけどね(笑)

  妖花に投票した人いる?」

(パラパラと手があがる)

メンバー、会場も驚きが。少ない・・・。

兵「(手を上げたファンへ)あなたのために歌います」

♪妖花♪

♪声♪

メンバー紹介

♪オレンジ♪

(ケインさんのアコギ・たんくんのカホンの音色が心地よかった~。)

兵「今日は後輩バンドを連れてきました。"C.I.Project”

  道外でのライヴは今日が初めて。

  すごく緊張しているので会場を温めて引き渡したかったけど

  静かな曲ばかりで(笑)

  TRIPLANEファンは温かいって聞くから温かく迎えてあげて」

TRIPLANEのオープニング、持ち時間15分を超えて

C.I.Projectにバトンタッチ。

TRIPLANEメンバーが可愛がっているバンドなので

前からライヴを見たかったんですが元気いっぱいですごく楽しかった。

フェリーで40時間掛けて来たそうです。

全国でツアーが出来ると良いね。

お疲れ様でした。

(セトリが分からなくてごめんなさい)

再びTRIPLANE登場

兵「みんな最初、硬かったよ。C.I.Project温かく迎えようとして。」


~セトリ~

♪モノローグ♪

♪Greendays♪

♪君ドロップス♪

♪スピードスター♪

♪Dear friends♪

♪アイコトバ♪

♪you♪

兵「ファイナルだからたくさん歌っている。

  九州、京都、大坂のみんな怒るよ~」

♪白い花♪

兵「10月13日でデビュー8周年。前の曲をやります。“あの雲を探して”」

(キター!!一番好きな歌だぁー!!)

♪あの雲を探して♪

♪パノラマセカイ♪

♪ドリームメイカー♪

♪イチバンボシ♪

(アンコール?だったかな?)

(和也くんプロデュースのタオルを披露)

兵「最後の曲はしっとりとした曲をやります。少し早いけど雪を思う歌。

  “雪のアスタリスク”」

♪雪のアスタリスク♪

兵「MCが盛り上がらなかった・・・。歌では盛り上がったけどね。

  気分がいいからもう一曲。“I am”」

♪I am♪

(アンコールは「雪・・・」「I am」だったかな。)


MCではワンピース ROMANCE DAWN 冒険の夜明け』ゲーム主題歌 “Eternal Waves”を

兵衛くんが歌うことが決まったお知らせと

名古屋でのワンマンが2月2日に開催されると云う告知も。

後輩バンドとのTwo Manだったからか

兵衛くんの様子が硬くMCがすべりまくり。

盛り上がらないのはファンがいけないと云う様な逆ギレも(笑)

兄貴として色々フォローする事が多かったのかな。

物販でのサイン・握手会も久しぶりに行われました。

メンバーさんと握手。

少しお話も。

温かい手でした☆


ファン友さんとも逢えました。

お世話になりました(´▽`*)


MCはこんな事を話していたという事です。

ご理解くださいませ。

後から読み直して、修正するかもしれません。

最後までお付き合いありがとうございました。

~追記~

C.I.Projectオフィシャルです。

フェリーでの様子が見られます。

お疲れさまでした<(_ _)>

頑張って、C.I.Project

C.I.Projectオフィシャル
Comment:9  Trackback:0
2012
10.25

難しい

Category: 日記
Twitterを始めてどのくらいかなぁ。

未だに慣れません。

140字で想いを伝えるのはムリ。

blogを書くときは

出来るだけ下調べをし、人名も作品名も間違えない様に

最新の注意をしているつもりです。

Twitterでつぶやくときは

(すぐ流れていっちゃうし、まっ、いいかぁ~。)

そんな考えが頭をよぎります。

つぶやいた後(しまった!!)そんな事ばかり。

そしてまた(流れていっちゃうし、まっ、いいかぁ)と思うのです。

進歩が無い。

年がバレる様なつぶやきも多々あります。

それはそれで、まっ、いいかぁ~。

Comment:2  Trackback:0
2012
10.25

ボーン・レガシー

Category: 映画
ボーン・レガシー

観てきました。

<ボーン>シリーズは

マット・デイモンしか無いでしょ!!

と、思っていました。

しかし!!

アーロン・クロス役のジェレミー・レナーに

コロッとやられてしまいました。

ジェレミー・レナー

ストーリー

シネマトゥデイさんからお借りしました。


コチラ ↓

シネマトゥデイ

~最強の暗殺者を生み出すCIAの極秘プログラム、トレッドストーン計画とブラックブライアー計画。
その最高傑作として生み出されたジェイソン・ボーンが、失った記憶を追い求めながら、
自身の人生を大きく狂わせた同計画を白日のもとにさらそうと、CIAとの戦いに挑んでいた。
その裏で、ボーンと匹敵する能力を秘めた暗殺者アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)を
巻き込むようにして、さらなる戦いと陰謀が動き出していく。
そして、CIA上層部ですら認知していない2つの計画を上回るプログラムの存在があり・・・~

マルタ・シェアリング博士役のレイチェル・ワイズが危ない時は

サッと現れて、しっかりと彼女を守るアーロン(ジェレミー・レナー)

アクションシーンも完璧♪

バイクでのチェイスシーンも見応えあり。

何より、目の演技が良いです。

吸いこまれそうでした。

ストーリーも面白かったですヨ。


余談・・・

ハリウッドスターはハリソン・フォードが一番好き♪

それは、今も変わりません。

ジェレミー・レナーは心の隙間にピタッと入り込んだ感じです。

「アベンジャーズ」も観ましたが

ホークアイ役のジェレミー・レナーは

(カッコいいな)と云う位の印象でした。

ホークアイ

いやぁ~、ジェレミー・レナーにすっかり心奪われてしまいました。

映画ファン、ジェレミー・レナーファンからはドン引きされそうな内容になってしまいました。

最後までお付き合い、ありがとうございました<(_ _)>

Comment:0  Trackback:0
2012
10.22

バカを知る

Category: 糸井重里さん
2012年10月22日

ほぼ日刊イトイ新聞

今日のダーリン よりお借りしました。

ほぼ日刊イトイ新聞は毎日更新されます。

↓の記事も今は、更新されています。

~よく「ほぼ日」にいただくメールで、
 「ネットってもっと怖いところだと思ってたけど‥‥」
 「ほぼ日」は怖くなかったという感想をいただきます。
 まだ、ネットのことを怖いと思っている人は、
 けっこうたくさんいるみたいです。
 いや、よくよく考えれば、ぼく自身も、
 ネットって「怖い」し「いやなもの」だと感じることが、
 正直言えば、いまでもあります。
 リアルの社会よりも、ネット社会のほうが、
 「おまえ、そんなことも知らないのか」
 というような「上から目線」が多いように思います。

 どうしてそうなるのかを、ちょっと考えてみました。
 社会というのは、「ひとり(じぶん)」と、
 「なかま」と「おおぜい」でできています。
 「おおぜい」というのは、観客とか顧客とか読者とか、
 たくさんの会ったことのない人びとを含みます。
 人は「おおぜい」の前では、
 見せたい「じぶん」を見せるようにしています。
 でも、「なかま」といる間は、
 見せたい「じぶん」でい続けることはできません。
 だから、そこではある意味「バカがばれてる」のです。
 
 しかし、ネット社会のなかというのは、
 「ひとり」と「おおぜい」の直接のつながりです。
 そこでは「ゆだん」や「ふだん」を見せずにいられます。
 「なかま」には「バカがばれてる」、
 というようなことを避けたままでいられるのです。
 凶悪そうなネット犯罪の犯人が、捕まえてみたら
 意外なほどにちっぽけな人間だったり、
 コドモだったりすることがありますが、それでも、
 「ひとり」と「おおぜい」の関係のなかでは、
 王様のように振舞い続けられていたんですよね。
 
 「バカがばれてる」ことが、とても大事なのです。
 誰も王様なんかじゃないと知ることが大切です。
 「なかま」をショートカットできるネット社会では、
 じぶん自身が、「じぶんのバカを知る」ことが、
 もーのすごく重要なことになんだと思うんですよね。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
気温とか、太陽の明るさとか、最高の季節なんじゃない?~

糸井さんの言葉を読んで感じる事

その捉え方もひとそれぞれだと思います。

「バカがばれてる」

「じぶんのバカを知る」

偉そうにしている私の心にグサッと来ました。

Twitterでblogで偉そうに書いているなぁ~。

ヾ(_ _。)ハンセイ…

「じぶんのバカを知る」

十分知っているつもりでも忘れがちな事。

「バカがばれてる」

覚えておかないと・・・。




ほぼ日刊イトイ新聞は

コチラ ↓

ほぼ日刊イトイ新聞
Comment:0  Trackback:0
2012
10.13

映画「新しい靴を買わなくちゃ」

Category: 映画
新しい靴を買わなくちゃ

観てきました。

始まりから、終わりまで

北川悦吏子ワールドに酔いしれました。

岩井俊二さんの映像美

さりげなく映される“アオイ”の部屋の小物がステキです。

坂本龍一さんの音楽がパリの風景にピッタリで

優しい雰囲気を醸し出していました。


中山美穂ちゃんと向井理くんの出逢いのシーンは

お互いがぎこちなく

また、それがリアルでした。

恋に憶病な“アオイ”にそっと寄りそう“セン”

向井くんの演技がとても自然体で

セリフひとつひとつに温かみが感じられました。

中山美穂ちゃんが可愛くて

“セン”を見つめる表情・セリフから

恋を楽しんでいる様子が伝わってきました。


恋人を追ってパリに来てしまう行動力のある“すずめ”役の

桐谷美玲ちゃんがキュートでした。

“カンゴ”は、そんな“すずめ”に戸惑う様子を見せますが

剛くんの表情にスーッと引き込まれてしまいました(〃∇〃)

綾野剛くんと桐谷美玲ちゃんが

パリの公園でたたずむ様子がすごく好き♪

新しい靴を買わなくちゃ


パリの風景も音楽も全てを楽しめる映画でした。

新しい靴を買わなくちゃ







Comment:4  Trackback:0
2012
10.13

映画「ツナグ」

Category: 映画
映画「ツナグ」

観てきました。

原作「ツナグ」は未読でも楽しめました。


樹木希林さんが良かったです。

パンフレットを読むと

いくつかのシーンは樹木さんが提案して撮られたとか。

とても温かく素敵なシーンになっていました。

桃李くんを優しく見守るまなざしは

本当の祖母・孫の様です。

女子高生“嵐”役の

“橋本愛”ちゃんが熱演。

親友“御園”役の

“大野いと”ちゃんの何とも言えない哀しい表情には胸が痛くなりました。

佐藤隆太さん

深みがあり静かな演技が良かったです♪


ただ、2時間と云う限られた時間の中では

少し伝わりにくい場面もありました。

もう少し、深く描かれたら・・・と残念な事もあり。


辻村深月さんの原作も読みます。








Comment:0  Trackback:0
2012
10.10

従姉が

Category: 日記
Facebookは

みなさんの写真を見せて頂いたり

好きなアーティストさんの情報を頂いたりする程度で終わっています。

Facebookにメッセージが届いているとお知らせが。

開けてビックリ!!

従姉でした(゜∇゜ ;)

友達になってもらいましたが

架空の世界から

一気に現実に引き戻されたようです( ̄∇ ̄*)ゞ

Comment:2  Trackback:0
2012
10.10

FMあいち♪

Category: 映画
ツナグ

先日の土曜日

FMあいちの「Countdown DRAGOON」を聴いていたところ

「ツナグ」の番宣でいらしていた東宝の方から

「ツナグ」のプレスシートを5名様へプレゼント!!とお知らせがありました。

(当たらなくても良いから応募しちゃお!!)

メールを送ったところ

当たりました!!

そして、今日、無事届きました♪

プレスシートとは、 マスコミ用に配布する広告用資料なんです。

パンフレットの様な冊子では無く

広げると一枚のポスターの様な仕様です。

お宝ですね。

FMあいちさん、ありがと~。

東宝さん、ありがと~。

桃李くんに逢いに行きますネ(='m')

「ツナグ」公式HPは

コチラ ↓

ツナグ

(プレシート→プレスシート 修正しました)

Comment:2  Trackback:0
2012
10.01

知らなくても幸せ

Category: 日記
友達と3人でランチをした時の会話

「向井くんが出演する映画

 『新しい靴を買わなくちゃ』は

 脚本・監督が北川悦吏子さんで

 プロデューサーは岩井俊二さんだよ!!
  
 すごいでしょ?

 ヒットしないわけが無いよね」

友達2人「・・・」

北川さんも岩井さんも知らないみたい。

TwitterもSNSもネットもやらない2人。

それでも、何不自由なく生活をしています。


違う友達は

BUMP OF CHICKENを知らなかった。

(一年ほど前の話)

あっ、長男(22歳)は最近まで

ナオト・インティライミを知らなかった。

知らなくても幸せ。


何でも知りたい私。

どちらが良いかなんて量れない。

Comment:6  Trackback:0
2012
10.01

NHK朝ドラ

Category: ドラマ
始まりました。

「純と愛」

脚本は、あの「家政婦のミタ」を書かれた

遊川和彦(ゆかわかずひこ)さん!!

夏菜ちゃん主演です。

2258名の中から選ばれたそうです。

夏菜ちゃんは

「GANTZ PERFECT ANSWER」で知りました。

これからの展開が楽しみ。

NHKの朝ドラは視聴率も良く

出演した俳優さんたちは

幅広い年齢層の方から声を掛けてもらえる様になったとか。

「梅ちゃん先生」に出演した

松坂桃李くんも年配の方から声を掛けてもらう事が多くなったそうです。

桃李くん主演の

「ツナグ」も10月6日公開です。

ORICONのアンケートに寄ると

「上半期もっともブレイクした俳優」

第一位 松坂桃李くん

第二位 綾野剛くん

   ・
   ・
   ・

向井くんが、何かのインタビューで

「厳しい世界なので、すぐに蹴落とされてしまう」と言っていた事を

思い出しました。


そして

向井くん、中山美穂ちゃん、綾野剛くん、桐谷美玲ちゃん出演

「新しい靴を買わなくちゃ」

10月6日公開!!

今一番の楽しみです♪

新しい靴を買わなくちゃ

(文中『家政婦はミタ』になっていました。違うドラマだぁ 汗

 修正しましたm(__)m)




Comment:2  Trackback:0
back-to-top