2009
07.30

谷村志穂「みにくいあひる」

Category: 小説・文学
みにくい あひる

谷村志穂「みにくいあひる」 2008年3月25日 刊行 出版社 文芸春秋

故郷を離れバブルに沸く東京で、
わたしは精一杯生きてきたはずだったのに…。
失った恋、母への愛憎―悔恨と愛惜の思いを込めて描く、六人の「わたし」の物語。

↑BOOKデータベースより

不倫でしか恋を成就できない

淋しさも感じるけど、相手には強がってしまう。

そんな女性たちが描かれています。

恋に生き、仕事もバリバリこなす。

ドロドロもあり、活き活きと割り切っている恋もあり

それなりに面白く読みました。

好きな一文

「男の人たちが時折見せてくれる、

 そんな隙が愛おしいと感じるようになったのは最近のことだ」

「泡立つ海」 の一編に書かれていました。

(あ~、分かるな~) と云う一文がたくさんありました。

私は好きな一冊でした。



Comment:2  Trackback:0
2009
07.27

中村文則「何もかも憂鬱な夜に」

Category: 小説・文学
何もかも憂鬱な夜に

中村文則「「何もかも憂鬱な夜に」 2009年3月10日刊行 出版社 集英社

なぜ控訴しない?―施設で育った過去を持つ「僕」は、刑務官として、
夫婦を刺殺した二十歳の未決死刑囚・山井を担当していた。
一週間後に迫った控訴期限を前にしても、
山井はまだ語られていない何かを隠している―。
芥川賞作家が、重大犯罪と死刑制度に真摯に向き合い、
生きる者と死にゆく者をつなぐ最後の希望を描き出す。

↑「BOOK」データベースより

おもい一冊になりました。

刑務官 「僕」 の深層に共感する場面が多く

読み終えた頃には心がザワザワしました。

___衛生夫として刑に服す真面目な男 「佐久間」 は

刑務間から受けが良かったが

「僕」 は何か引っかかるものを感じた___

引っ掛かりを感じながらも 「僕」 の心の弱い部分に巧妙に取り付き

重大な規律違反と分かっている案件を 「僕」 はもみ消してしまう。

「佐久間」 は 「僕」 の前からゆっくりと遠ざかっていった。

しかし、 「佐久間」 は仮出所後すぐに逮捕されて戻ってくる。

「佐久間」 が 「僕」 に投げかけた言葉

___「あなたは、どちらかと言えば、こっち側の人間です。」___

私の中にも 「僕」 はいるし 「佐久間」 もいます。

最後は 「未決死刑囚・山井」 から 「僕」 への手紙で終わっています。

作者が一番書きたかった事ではないでしょうか。

暴力はこぶしを振るい身体にダメージを与えるだけでなく

言葉による暴力により、相手を精神的に追い詰めていく事もあります。

私自身、最近は反省する事も多々あり非常に考えさせられる作品でした。




Comment:4  Trackback:0
2009
07.25

TRIPLANE 函館ワンマン 裏話

Category: TRIPLANE
TRIPLANE ワンマンのライヴレポは

ファンの方のBLOG・ファン友さんが届けてくださったお話を

ありがた~く拝見して (*^^*) 楽しませて頂きました。

今日は、STAFFさんからの裏話。

TRIPLANEの、北海道ワンマンに同行した

株式会社マウントアライブ

↑プロモーションSTAFF Kazuさんが

↑BLOGで、おもしろ裏話を書いてくれました。

ボーカル 江畑兵衛くんは、TRIPLANEの看板的存在。

先日の ラジオ「ココ晴レ」 でも話していましたが

CDショップの店員さんが、兵衛くんをSTAFFさんのお1人だと間違えたらしく

「このポスターの方と同じですか?」

そのお話も、STAFF kazuさんは書いてくださいました。

兵衛くん、ライヴでも自虐ネタにしていたようで、相当凹んだみたいです。

↓白いTシャツ 江畑兵衛くん ボーカル・ギター (作詞・作曲も担当)

TRIPLANE

写真は、TRIPLANE オフィシャルサイト STAFF BLOG よりお借りしました。<(_ _)>


Comment:0  Trackback:0
2009
07.22

気まぐれ「ココロ晴レディオ」

Category: TRIPLANE
まったく、気まぐれで・・・ ラジオレポです。

TRIPLANE(トライプレイン) レギュラー番組

FM YOKOHAMAの 「ココロ晴レディオ」

今夜は

北海道・九州、ワンマンライヴツアー2009 を終え

無事(?)東京に帰ってきたメンバーによる生放送でした。

(九州へは車 TRIPLANE号 で移動)

長崎・熊本、そして、7月20日 鹿児島ワンマンを終え

一泊して21日 AM10:00 鹿児島を出発。

雨のため、大・大・大渋滞!!(途中、通行止めもあったようです)

帰ったのは、今日 22日 AM11:00 25時間掛かったそうです。

無事で良かった(T^T)

ラジオの内容。ライヴツアーの思いで

ケインさん

北海道でも函館は初ワンマンで思いで深い。

前ギターの織田さんがリハで 「スピードスター」 を弾くのを

コチラから見ていて、面白かった。「織田ちゃん、上手だったよ」

和也くん

同じく、函館が思いで深いと。

自衛隊でお世話になった先輩に会うためと

TRIPLANEを知ってもらうためメンバーと自衛隊へ。

先輩のブッキングでCDショップも回らせてもらった。

たくさんの人を通じて、TRIPLANEを、もっと知ってもらいたいと思った。

兵衛くん

函館のCDショップの店員さんが、兵衛くんの事を分からなかったらしく

「えっ?このポスターの方ですか?」と驚いたらしい。

それがショックで、思いで深いと。

メンバー(誰だろう?) ヨコから 「それが思いで?(笑)」

でも MCネタになったからOK。 「ウケたよね。」「ややウケ(笑)」

リーダー・タンくん

鹿児島は初ライヴ。

たくさんの人に来てもらってうれしかった。

メンバーも感慨深げで 「うん、うん」 

今回は 『夜の帝王 タン』 の ネタは封印。

リーダーらしく、感謝の言葉でまとめていました。

メンバーも 「もっと色々なところを回りたい」 とも。

熊本もSOLD OUT だったのでうれしそうでした。

STAFF BLOG更新も無く心配でしたが

本当に無事で良かったぁ~。

<(_ _)> 参加されたファンのみなさん、ファン友さん

そして、TRIPLANEとSTAFFさん お疲れ様でした。

「a-nation'09 powered by ウイダーinゼリー」8/22東京公演  出演決定!

○オープニングアクト
    本開演前に、サンシャインステージで
    ライヴを繰り広げるオープニングのアクトアーティストで
    全会場に登場し、a-nation本番を盛り上げます!!

TRIPLANEはオープニングアクトに出演!!

TRIPLANEをたくさん届けてね。




Comment:2  Trackback:0
2009
07.21

アウトレット・スイーツロピア

Category: 雑記
行ってきました。

『アウトレット・スイーツロピア』

愛知県北名古屋市法成寺ツナギ畑99

_________アウトレットだから起こってしまう突然の大量入荷!

そのときは超特化価格でご奉仕致します________

夕方のニュースで紹介されていました。

スイーツ・・・それほど、食べませんが

ちょっとおもしろそうなので。

「シュークリーム・エクレア・クレープ10個入り300円

 毎日9時と15時から御用意。 お一人様一袋限定」

↑ 午前の分は朝一で行かないと売り切れ。

AM:11時にノコノコ出かけた我が家。もちろん、売り切れ。

買ったのは

半熟&生チーズ ← おいしい!!

シュークリーム 一番多くありました。スーパー100円→ロピア70円 だったかな?

プチティラミス  甘い++ 

バナナとカスタードのクリーム (クレープみたい) ← おいしい!!

大まかに、スーパーより、3割程度安くなっていました。

これからの夏休みたくさん欲しい時は

朝一で出かけて買うのもいいですね~。

アウトレット・スイーツロピア


Comment:2  Trackback:0
2009
07.18

向井君とドラマ

Category: 向井理くん
NHKで放送中の

『ふたつのスピカ』

宇宙学校大学院生 桐生役・向井理君の出演は4回で終わり・・・。

留学をしてしまったので、出演は無いな~と思っていました。

(↑最終回で出演・・・予告でチラッと映りました)

そして

草薙剛くん主演の 『任侠ヘルパー』 も 一話のみの出演。

忙しくて、スケジュールが合わなかったようです。(多分、次回作、映画の撮影かと・・・)

そして、そして

2009年08月29日  トークライヴがありますが

受付を始めたところ

所属事務所の対応も追いつかないくらい

すごい応募数だったようです。

向井君、自身のBLOGでお詫びしてました。

事務所は彼の人気のすごさ、分かっていたのかな。

(私はトークライヴには行きません。密かに応援しています。)

俳優さんにしても、アーティストにしても

今は、BLOGで自分の思いを綴る事が出来ます。

メディアに出演しなくても

イベントなどの情報、自分自身が思っていること、感じたことを

リアルに発信することが出来ます。

チャンスも多くなり、良いこともありますが

ファンと近い分、ファンからのクレームも直に受けてしまう。

心が強くないと

俳優も、アーティストもやってられないなぁ~。

・・・・・7月19日

今日の向井君のBLOGを覗くと

笑顔も戻ってきたようです(〃∇〃)・・・・


笑顔が一番





Comment:2  Trackback:0
2009
07.15

Feel Love vol.7

Category: 小説・文学
Feel Love

Feel Love vol.7 

7月12日 祥伝社から発売

100%恋愛小説誌・・・だそうですが

ベタベタに甘い小説ばかりではありません。

白石一文さん・市川拓司さん・三浦しをんさん など

豪華な作家さんの作品が掲載されています。

今回、総力特集として

『角田光代』 さんが取り上げられていました。

今は、作家さんもドンドン顔出しするんですね。

そして 「原田マハ でーれーガールズ ♯3 時間よ止まれ 」の

イラストを描かれているのは

な・な・なんと!! 『田淵由美子』 さん。

あの 少女漫画雑誌 「りぼん」 に連載されていました。

(ーー;) 随分、懐かしい話です。

(調べてみたら 「りぼん」 まだ、あるんですね++)

田淵由美子さんの漫画は大好きでした。

少し、大人っぽくて、イラストも、話もセンスが良かった気がします。

りぼんの付録のシールはもったいなくて使えなかったなぁ。

田淵さんのイラストは原田さんの小説にピッタリです。

一冊 880円です。

素敵な作家さん勢ぞろいで、かなりお得です!!


Comment:6  Trackback:0
2009
07.12

湊かなえ「贖罪」

Category: 小説・文学
贖罪

湊かなえ「贖罪」 2009年6月15日刊行 出版社 東京創元社

取り柄と言えるのはきれいな空気、
夕方六時には「グリーンスリーブス」のメロディ。
そんな穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺害事件。
犯人と目される男の顔を
どうしても思い出せない四人の少女たちに投げつけられた激情の言葉が、
彼女たちの運命を大きく狂わせることになる―
これで約束は、果たせたことになるのでしょうか?
衝撃のベストセラー『告白』の著者が、
悲劇の連鎖の中で「罪」と「贖罪」の意味を問う、
迫真の連作ミステリ。本屋大賞受賞後第一作。

↑ 「BOOK」データベースより

「告白」に続き、2作目を読みました。

構成自体は「告白」と同じで

事件に関わった少女たちの、当時の自分と

大人になった今の自分の心情を伝えています。

みなが、それぞれ、新たにに背負ってしまった罪の重さに

苦しみながらも、日々を過ごしていく。

読者を惹きつける「湊ワールド」の恐さはさすがです。

暴力的な恐さでは無く、心理的な恐さ・・・。

一気に読み終えました。

次回作は、どんな構成で書かれるのか楽しみです。

Comment:2  Trackback:0
2009
07.11

TRIPLANE ワンマン

Category: TRIPLANE
TRIPLANE
北海道・九州ワンマンLIVE TOUR 2009


■7月10日・・・函館 club COCOA
            (無事、終了)


■7月12日・・・帯広MEGA STONE
             (無事、終了)

■7月14日・・・旭川CASINO DRIVE (無事、終了)
        今回の、↑3会場のワンマン
                  思い出深いライヴになったようです。良かった♪

■7月17日・・・長崎DRUM Be-7 (無事、終了)
               メンバーが大好きな九州・・・。盛り上がっているみたい。

■7月19日・・・熊本DRUM Be-9 (無事、終了)
               SOLD OUT!! だったそうです(^ー゜)ノ


■7月20日・・・鹿児島CAPARVO HALL

               (無事、終了) お疲れ様でした。


始まりました。

リーダー・タンくん(Drums)が

「まだチケットはありますので是非迷ってる方は来てください!」と。


したって、北海道だべ?

行けないっしょ。 (北海道弁・・・(〃 ̄ω ̄)σあやしい・・・すみません)

道内のファンの方は

札幌から函館へ、スイスイと移動されると思っていた私。

すごい、距離があるんですね~。

改めて 「でっかいどう!!北海道!!」

↓ るるぶ.comからお借りしました。

参考まで・・・。北海道地図








Comment:0  Trackback:0
2009
07.09

小川糸「喋々喃々」

Category: 小説・文学
喋々喃々
小川糸「喋々喃々・ちょうちょうなんなん」 2009年2月5日 刊行 (株)ポプラ社

東京・谷中でアンティークきもの店「ひめまつ屋」を営む栞(しおり)。
きものを求めるお客ばかりでなく、
ご近所さんもふらりと訪れては腰を落ち着ける、小さなこの店に、
ある日、父とそっくりの声をした男性客がやってくる。
その人は、栞の心のなかで次第に存在感を増していき――
人を大切に思う気持ち、日々の細やかな暮らしが、
東京・下町の季節の移ろいとともに描き出される、きらめくような物語。

↑BOOKデータベースより

お友だちからお借りしました。

( ̄~ ̄;) ウーン 前作 「食堂かたつむり」 が

すごく良い作品で、お気に入りだった分

今作は、残念な部分が多かったです。

まず、主人公 「栞」 と 「春一郎」 のつながり。

幸せな家庭に育ったとは言えない栞が

哀しい思いをすると分かっているのに

春一郎と恋に落ちるのでしょうか。

二人でおいしい物を食べ

上品な会話を楽しみながら、陰では残酷な事をしている。

特に、お肉を食べている時の二人は好きではありませんでした。

そして、以前、お付き合いのあった 「雪道」 との別れ。

雪道の想いを一生背負うだけでも十分哀しい・・・。

そして、ラストは・・・納得いかない・・・

谷根千(谷中・根津・千駄木) の季節・季節の行事

そこに暮らす人々の生活観・匂いなどが活き活きと描かれていた分

栞と春一郎が浮いてしまったような気がします。


Comment:2  Trackback:0
2009
07.08

原田マハ「キネマの神様」

Category: 小説・文学
キネマの神様
原田マハ「キネマの神様」 2008年12月15日 刊行 出版社 文芸春秋

四十を前に、突然会社を辞めた娘。
映画とギャンブルに依存するダメな父。
二人に舞い降りた奇跡とは―。壊れかけた家族を映画が救う、奇跡の物語。

↑BOOKデータベースより

原田マハ作品 「カフーを待ちわびて」 「ごめん」 に続き3作品目ですが

今回は原田さんが書きたかったお話を

素直な気持ちのまま、作品にされたような気がしました。

ギャンブルに明け暮れ、家族に迷惑を掛け続ける父親。

そんな父に娘は冷たく接します。

自身は、色々な事情から、大企業を辞めてしまい

縁あって、映画雑誌を出版している会社へ再就職をする。

そこから、話が大きく変わっていきます。

映画好きの父が、娘や回りの人たちと大きく関わりながら

ラストへと話は進みます。

名画「フィールド・オブ・ドリームス」など

懐かしい映画の話もたくさん出てきます。

終盤は (都合よく、まとめられちゃったな) と

苦笑いを浮かべてしまいましたが

全般に温かい内容で良かったです。

ほぼ前半の3/1は、原田さんの体験談に基づく話だそうです。

原田マハさんのBLOG 「マハ裸々日記」 にその事が綴られています。



マハ裸々日記
Comment:0  Trackback:0
2009
07.06

韓流*

Category: 雑記
韓流ネタを・・・

17日、ソン・スンホンさんが来日だそうです。

TBS系で放映中の主演ドラマ「エデンの東」のプロモーションを行い

18日に東京・赤坂サカスで始まるイベント「夏Sacas''09 Sacas Water Park」

オープニングイベントに特別ゲストとして参加

記者会見とファン限定ミニトークイベントを行うそうです。

そして、ペ・ヨンジュンさんも

【9月に来日&イベント決定】

アニメ「冬のソナタ」~もうひとつの物語~ & 韓国の美(仮)出版記念イベント

2009年9月29日 アニメ「冬のソナタ」~もうひとつの物語~

2009年9月30日 韓国の美(仮)出版記念イベント

詳しくは、↓ ペ・ヨンジュンさん日本公式サイト をどうぞ

ヨンジュンさん日本公式サイト

ヨンジュンssi と ジウさんは

「アニメ・冬のソナタ」で声優に初挑戦したそうですよ。

アフレコの様子が観られます ↓

ジウ姫、メガネをかけています(*゜v゜*) かわいい~。

アニメ 冬のソナタ 公式サイト
Comment:4  Trackback:0
2009
07.02

TRIPLANEもっこり 

Category: TRIPLANE
ステッカー

TRIPLANEもっこり(ステッカー) 応募したら 

当たりました!!

応募の中から3名にプレゼントでした。

応募したことすら、すっかり忘れていました_(^^;)ゞ

雑誌・ネットでもTRIPLANEのサイン入りポラロイド写真へ応募しましたが

それは、ハズレた様です(ノ◇≦。)

ステッカーはmu-moショップで売っています。

買えば手に入る訳です;;

なので、応募が少なかった?私、1人?まさかね。。。

素直に喜びましょ。

応募して、プレゼントまでされて言う事では無いけれど

この 「まりもっこり」 とのコラボ・・・。

今だに馴染めません。

アップ写真↓

ステッカー

なんだかなぁ~


Comment:4  Trackback:0
back-to-top