2009
04.29

つるのうた

Category: 音楽
つるのうた

プリンセスプリンセス/M
オリジナル・ラヴ/プライマル
森山直太朗/愛し君へ
浜田省吾/君に会うまでは
KAN/永遠
中西保志/最後の雨
山崎まさよし/One more time,One more chance
杏里/オリビアを聴きながら
絢香×コブクロ/WINDING ROAD
斉藤和義/歩いて帰ろう
羞-shu-/何もかもが君だった
MAKE-UP/ペガサス幻想

『つるのうた』
2009年4月22日(水)発売
PCCA-02896(CD+DVD)¥3,500[tax in]
PCCA-02897(CD)¥2,940[tax in]

カバーアルバム「つるのうた」買いました。

TSUTAYAで買うため出かけたら

( ・◇・)まさかの売り切れ++

で、Amazonで購入。

DVD付がお値打ちでした。

聴いてみたら

w( ̄o ̄)w オオー! (´▽`)はぁぁ・・♪良いです*

特に「M」は良いです。

ライナーノーツに

一曲、一曲へ思いを込めたつるのさんの一文が書かれています。

こちらも素敵でした。



Comment:0  Trackback:0
2009
04.27

薬丸岳「闇の底」

Category: 小説・文学
闇の底
薬丸岳「闇の底」 2006年9月8日刊行 出版社 講談社

少女を犠牲者とした痛ましい性犯罪事件が起きるたびに、
かつて同様の罪を犯した前歴者が首なし死体となって発見される。
身勝手な欲望が産む犯行を殺人で抑止しようとする予告殺人。
狂気の劇場型犯罪が日本中を巻き込んだ―。絶対に捕まらない―。
運命が導いた、哀しすぎる「完全犯罪」。
『天使のナイフ』の薬丸岳が描く、欲望の闇の果て。江戸川乱歩賞受賞第一作。

↑Bookデータベースより

順番が前後しますが

薬丸作品、第2作「闇の底」読みました。

デビュー作「天使のナイフ」 第3作「虚無」では

薬丸さんが徹底的に調べ上げた事を

主人公を通して冷静に語っていましたが

「闇の底」は何人かの刑事が犯人の心理を解き明かし

犯人を突き止めて行く過程が中心でした。

が、刑事を始め、犯人・その周りを取り巻く人物設定が曖昧。

1人、1人を、もう少し掘り下げ描いて欲しかった。

曖昧な人物設定のため、登場人物に魅力を感じ取ることが出来ず

(あれ?この人は誰?・・・なんだったっけ?)

読み返す場面もありました。

最後まで犯人は分かりませんが

(この人かな)(あ~やっぱりこの人?)

その点は、最後まで引っ張る内容でした。

文章も第3作「虚無」に比べると少し稚拙な感じもしました。

↑感想は

私が好きな作家 「横山秀夫」氏 「吉田修一」氏と比べてしまい辛口になっていますが

薬丸さんは、これからも期待したいと十分に思わせる作家さんです。

(偉そうに書いていますが、小説、自分では絶対書けません++)




Comment:2  Trackback:0
2009
04.25

糸井重里さん

Category: 糸井重里さん
昨日の「徹子の部屋」に

糸井重里さんが出演されていました。

私が20代の頃、コピーライターとして大活躍で

糸井さんのキャッチコピーのギャラ(?)は一本100万円!!

そんな時代でした。

憧れだったなぁ~。

「広告批評」「コマーシャルフォト」を毎月買って

糸井さんに近づきたい思いでイッパイでした。

少しの間、糸井さんから離れていましたが

糸井さんのオフィシャルサイト

「ほぼ日刊イトイ新聞」にお邪魔するようになり

またまた、糸井さんに惚れ直しています。

「徹子の部屋」での糸井さんは

スタジオに連れてきていたブイヨンちゃん(愛犬)を見守る目が

優しいお父さんでした。

でも、徹子さんと仕事に付いてお話される時の目は

昔の様に鋭く厳しさを感じさせる目でした。

変わらないですね。

そんな糸井さんも

「アラカン(アラウンド・カンレキ)」です。

糸井さんは以前「アラフォー、アラフォーと言い過ぎなんじゃないか」と

そう、おっしゃっていましたから

「アラカン」も、言われないかと思います。

これからも、糸井さんの背中を追いかけて行きます。



Comment:0  Trackback:0
2009
04.23

向井理くん

Category: 向井理くん
向井君

↑オフィシャルサイト ホリエージェンシーより

向井理(おさむ)くん。27歳。

登場がすっかり遅くなりました。

大好きな俳優さんです。

(かっこいいなぁ~)と想い始めたのは

2007年のドラマ「バンビーノ」から。

松本潤くんの先輩、見習いシェフを演じていました。

2008年1月のドラマ「ハチミツとクローバー」では

「真山 巧」役でメガネ男子でした。

この頃は知名度も低く

ママ友に「向井くん、いいよね~」と言っても

「向井理くん?だれ?」

2008年4月のドラマ「おせん」では

得意な包丁さばきを披露していました。

今も、順調にドラマ・映画・舞台に出演しています。

クイズ番組でも大活躍!!

2009年4月に始まった「アタシんちの男子」

堀北真希ちゃんと共演。

3男「大蔵 翔」役で出演!!

ホストで6歳の子持ちの設定・・・。

オリジナル脚本なのでこれからの展開が楽しみです。

向井くんのBlogもにぎやかですね~。

(*'ー'*) 向井くんがブレイクしそうな頃に

私が(カッコいいなぁ~♪)と乗っかったのが始まりなので

TRIPLANEもブレイク間近!!って事でしょうか・・・。

私の、お気に入りの写真です。

「ハチクロ」真山です。

真山 巧 

向井理くんのBlogからお借りしました。

向井くんのBlogは コチラ ↓

The Laboratory
Comment:6  Trackback:0
2009
04.20

Zepp Sapporo

Category: TRIPLANE
TRIPLANE ワンマンLIVE TOUR 2009 "君に咲くうた"

無事終了。 大成功 オメデト(*≧∇≦)/

18日のツアーファイナルは Home Zepp Sapporo

ツアーサポート「横山裕章」さんこと 「ヨッピー」さんのBlogから

お写真お借りしました。

ヴォーカル・ギターの兵衛さん(左) ベース 和也くん(右)

いい顔ですね~。

やはり、Homeは違うのかな。

観客のみなさんもハジけています!!

Zepp Sapporo

ヨッピーさんのBlogはコチラ↓です

横山裕章のブログ

私も、いつか、Home 札幌のライヴに行きまっす!!


Comment:4  Trackback:0
2009
04.19

薬丸岳「虚無」

Category: 小説・文学
虚無
薬丸岳「虚無」 2008年5月22日刊行 出版社 講談社

娘を殺した犯人が目の前を歩いている!
愛娘を奪い去った通り魔事件の犯人は「心神喪失」で罪に問われなかった。
運命を大きく狂わされた夫婦はついに離婚するが、
事件から4年後、元妻が街で偶然すれ違ったのは、忘れもしない「あの男」だった。
『天使のナイフ』の江戸川乱歩賞作家が衝撃の展開で描く感動作!

殺したいほど憎い、あの男を見つけ出す。
今度こそ彼女を守るために。
不起訴処分となった通り魔犯と街で遭遇したといい、
過去からの苦しみに苛まれて、不可解な言動を強めていく元妻。
彼女が見たのは、本当にあいつなのだろうか。
元夫にできることは、ひとつしかなかった。
殺人を犯す段階で、すべての人間は異常な精神状態にあるのではないか。

↑講談社オフィシャルサイトより

薬丸さんの作品を読むのは「天使のナイフ」に続き2冊目。

今回も犯罪をテーマに鋭く切り込んでいます。

「・・・この世の中には、人を殺しても、残虐な罪を犯しても、
罰せられない者たちがいるのだ。
『刑法三十九条』という法律によって。
心神喪失者の行為は、これを罰しない。
心神耕弱者の行為は、その刑を減刑する・・・・」

娘を含む3人を殺害、9人に重軽傷を負わせた藤崎も罪に問われることは無かった。

精神科に入院後、3年ほどで社会に戻ってきます。

法律的には「藤崎」は犯罪者ではなく病人・・・

納得のいかない元夫・三上。

薬丸さんは、被害者の立場

病を持つ息子に戸惑う家族

どちらにも平等に、裁くことだけが解決策では無いと問いかけています。

伏線も張られ、中盤からは一気に読み進めました。

薬丸岳さんの作品は

「闇の底」2006年9月8日刊行 もあります。

そちらも読みたいと思います。











Comment:2  Trackback:0
2009
04.16

「アイコトバ」MUSIC CLIP

Category: TRIPLANE
また、TRIPLANE(・Θ・;) 

2009年5月13日(水) リリース 「アイコトバ」

【初回生産限定盤:CD+DVD】に付くDVD 「アイコトバ」MUSIC CLIPです♪

You Tubeで観ることができます。

↓良かったら観てくださいね。

アイコトバ









Comment:3  Trackback:0
2009
04.16

テソーミしません?

Category: 糸井重里さん
大好きな糸井重里さんのオフィシャルサイトで

また、オモシロいことをやっていました。

↓ ポチッと押してくださいね。

テソーミ

手相を診断。結果もすぐ出ちゃう。

誰でも参加できます。

鑑定コンテンツ「マーコ 日笠雅水さんのテソーミルーム ほぼ日出張所」

お遊び感覚で、時間のある時にでもどうぞ。

それにしても糸井さんも若いですが

クリエイターって言うのでしょうか(大雑把すぎますね;;)

センスが良くて

何にでも敏感に反応する感性を持っている人多いですよね。

以前(4月3日)ズズッと↓でも書きましたが

tearbridge productionの伊東部長もそうです。

若いです。

40・50歳代、すごいな~。


Comment:0  Trackback:0
2009
04.14

中村克「最後のパレード」

Category: 小説・文学
最後のパレード
中村克(さまる)「最後のパレード」2009年3月10日刊行 出版社 サンクチュアリパプリッシング

東京ディズニーランドのキャストだけが知っている涙が止まらない物語。
明日からの人生を変える1冊。
東京ディズニーランドの開業に携わり、
当パークのスーパーバイザーを約15年間つとめた著者が、
キャストたちへ丁寧に語り伝えていた「ディズニーランドの心温まる出来事」

↑BOOKデータベースより

(本屋で買うか、図書館で予約して届くのを待つか・・・。)

迷いながら本屋で立ち読みをしました。

パラパラと読む間に涙が(┯_┯) 即買いでした。

本書のエピソードは、色々な情報を基に再現し

著者の中村さんが当時のご自身の気持ちを添えて一冊の本にまとめたそうです。

斜に構えず、何も考えないで読んで欲しい。

そんな本だと思いました。

心に傷を負ったり、重い病気を抱えていたり

色々な思いを胸に東京ディズニーランドを訪れる人たち。

そんなゲスト(招待者)をさり気なく支えるキャスト(従業員)。

東京ディズニーランドに一度でも行った事のある人なら

「そうそう、そんな事があった」と思い起こされるはずです。

作られた話ではなく

東京ディズニーランドを訪れたゲストから寄せられたエピソードなので

心を揺さぶられたのかもしれません。

最初から、最後まで、涙を流しながら読みました。

著者「中村克」さんの言葉も心に染みました。

(本を読んでも滅多に泣く事の無い、斜に構えてばかりのσ( ̄∇ ̄;)私です)





Comment:2  Trackback:0
2009
04.14

桜庭一樹「ファミリーポートレイト」

Category: 小説・文学
ファミリーポートレイト
桜庭一樹「ファミリーポートレイト」2008年11月20日刊行 出版社 講談社

恐るべき最高傑作!
直木賞受賞後初の書き下ろし長編1,000枚。

あなたとは、この世の果てまでいっしょよ。
呪いのように。親子、だもの。

ママの名前は、マコ。マコの娘は、コマコ。
すなわち、それがあたし。あなたの人生の脇役にふさわしい命名法。
『赤朽葉家の伝説』『私の男』――集大成となる家族の肖像(ファミリーポートレイト)!!

↑講談社 オフィシャルサイトより

桜庭さんの気持ちが前面に出ていて

読み進む間に(特に第2部)、読者の私は置いていかれた感じがしました。

第1部「旅」は、コマコ5歳~14歳

「旅」の中での色々な出会いと別れ。

母親マコとの永遠の別れも描かれています。

第2部「セルフポートレイト」コマコ17歳~29歳

文壇バー「犬の心」で働き始めたコマコ。

このバーに訪れる有名な作家、編集者、評論家と

コマコの関わり方がオモシロかったです。

コマコらしさが感じられる箇所

「・・・再来年なんて永遠にこないような気がしながら、

 この年まで生きてきた。

 旅から旅へ。流れ、流れて。

 でもそのことをうまく説明できない。

 人生の目的が、生き抜くこと、であるのと同じように。・・・」

余りにも特異な世界観で

なかなか進まなかった「ファミリーポートレイト」

最後の一文で救われました。

ココでは、書く事を控えますm(_ _"m)






Comment:0  Trackback:0
2009
04.12

タンさま

Category: TRIPLANE
TRIPLANE

4月11日
TRIPLANE、リーダー・タンさま(↑左、ドラム担当)
30歳のお誕生日でした。

タンさん!!
お誕生日おめでと~☆(ノ゜▽゜)

タンスマイルを振りまいてファンを楽しませてくれるタンさん。
素敵な一年になりますように*


Comment:0  Trackback:0
2009
04.12

向田邦子

Category: 小説・文学
昨日、11日松本清張生誕100年記念作品「駅路」を観ました。

約30年前に向田邦子が手掛けた唯一の清張脚本。

銀行を定年退職した男(石坂浩二)が旅行に出かけたまま消息を絶った。
妻(十朱幸代)から捜索願が出され、ベテラン刑事の呼野(役所)が担当することに。
呼野は定年を控えた自分の人生と重ね合わせて捜査にのめり込んでいく。
やがて、捜査線上に慶子(深津絵里)が浮かび上がる。

ドラマ「駅路」を観終わって
やはり、向田さんの想いが随所に感じられました。
女優さんが活き活きと演じていらっしゃいました。
大物俳優・女優を相手に
「深津絵里」さんの演技が輝く様でした。
向田さんがご存命なら
ご自身のドラマには「深津絵里」さんを起用され
公私に渡ってかわいがられたと思います。

向田さんも、28年前の飛行機事故で命を落とさず生きていらっしゃれば80歳。
本当に残念でなりません。
向田さんの作品が大好きで、大好きで・・・
ほとんどの小説を読んでいると思います。
亡くなってから、存在の大きさを知りました。

去年の5月に開催された
「向田邦子の世界展」にも出かけました。
オシャレだった向田さんの
着ていらっしゃった洋服も展示されていました。

80歳になっていらっしゃったら
どんな作品を書かれたのか、とっても気になりますが
食べるのが好き
お料理も大好きな向田さんの事なので
食べ歩き紀行という本を出されていたかも。

「駅路」を観て
向田さんを思い出した夜でした。


Comment:0  Trackback:0
2009
04.10

さだまさしさま

10日に57歳の誕生日を迎えたシンガー・ソングライターさだまさしが
ソフトバンクモバイルのCMに登場する。
白戸家が活躍する「ホワイト学割・歌番組編」で12日から放送される。
CM出演は6年ぶりで、その中で歌う「私は犬になりたい¥490」も書き下ろした。

nikkansports.com より

「今のご時世、ワンコイン(500円)で出来ることは少ない。
 しかも、ワンコインでお釣りがくるというのは凄いこと。
 そういった意味で、490円に拘った曲を作ってみたんです。
 正直、自信作です」

今朝、TVでチラッと聴きました。
やさしい曲調で「雨やどり」の様な仕上がりでした。

いくつになっても話題に事欠かない、さださん。

(´▽`)  やっぱり、さださん、いいなぁ~。

「また、逢うときまでお元気で」

さださんがコンサートで言われる言葉。

(o゜◇゜)ノハイ!!5月のコンサートを楽しみにしています。

まっさん!!お誕生日おめでと~

いつまでも、歌い続けてくださいね



Comment:2  Trackback:0
2009
04.09

新譜「アイコトバ」

Category: オトナモード
TRIPLANE(トライプレイン)

「アイコトバ」シングル リリースでっす!!

8日からレコチョクで着うた®独占先行配信がスタート!!!

レコチョク総合チャート初登場6位 Σ(ノ▼ο▼)ノ オォオォオオオ!!

発売日:5月13日(水)

タイトル:アイコトバ

【初回生産限定盤:CD+DVD】\1,800(tax in) NFCD-27180/B

【通常盤:CDのみ】\1,000(tax in) NFCD-27181

<CD>

1.アイコトバ

2.イチョウ並木

<DVD>

1.アイコトバMUSIC CLIP

2.特典映像:3.29東京・赤坂BLITZドキュメンタリー映像@ワンマンLIVE TOUR 2009 "君に咲くうた"

タイアップ:ダイドーブレンドコーヒー/ダイドーデミタスコーヒーCMソング
       レコチョク TV-CF ソング

ダイドーのCMでも流れています。

レコチョクのTV-CFでも流れています。

↓ レコチョク | レコチョクTVCMストリーミング

アイコトバ

良かったら、観て下さい。

「あいた~い♪」.:♪*:・'゜♭.:*・♪'゜。.*#:・'゜.:*♪:・'





Comment:0  Trackback:0
2009
04.09

2009本屋大賞

Category: 小説・文学
「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2009年本屋大賞」
4月6日(月)明治記念館にて行いました。

大賞
『告白』湊かなえ(双葉社)

2位
『のぼうの城』 和田竜(小学館)

3位
『ジョーカー・ゲーム』 柳広司(角川書店)
     
          ・ 
          ・ 
          ・ 
やはり『告白』湊かなえ(双葉社) きましたね。
デビュー作で大賞!!
構成も新鮮でした。

8位
『悼む人』天童荒太(文藝春秋)
天童荒太さんの渾身の力作。
少し重いです。
やはり、本が好きな書店員さんが選ぶ本。
健闘ですね。

気になる本は

5位
『ボックス!』百田尚樹(太田出版)

6位
『新世界より(上下)』 貴志祐介(講談社)

受賞した10作品中、読了した本・・・3冊・・・。

なんとも、情けない・・・。

2位
『のぼうの城』 和田竜(小学館)

途中で止まっていますε- ( ̄、 ̄A)





Comment:0  Trackback:0
2009
04.06

サクラ~

Category: 雑記
ちょっと、小耳に挟んだのですが

東北・北海道のサクラは色が濃く

「ピンク」の様だと・・・。

へぇ?桜がピンク?

(名古屋は「薄桜色」です。)

ピンクだと、桜であっても「桜色」じゃないです。

調べてみたところ

北海道の主流の桜は「エゾヤマザクラ」

やはり「桃色」の様に感じました。

桃色・・・桃・・・桜なのに?

ソメイヨシノもありますが

北限は札幌近辺となるため、寒さに強い品種に改良され育てられたそうです。

ソメイヨシノは寒い地方では育ちにくいようです。

単に桜と言っても色々な品種があるのですね。

名古屋は今、満開!!

雨が降ったら、散ってしまいます++



Comment:4  Trackback:0
2009
04.03

開幕!!

Category: 雑記
始まりました!!
セ・パ両リーグ開幕です!!

我が、中日ドラゴンズX横浜ベイスターズ
「4対1」 で ドラ勝利( ̄ー ̄)//△パンッ:・☆▲∴*:゜★.:。*:・'゜★

川上憲伸の穴を埋めてくれる若手投手に期待します。
o(*⌒O⌒)bふぁいとっ!!

ところで、ユニフォームのパンツのスソが広いまま履いている選手と
イチローの様にストッキング(ソックス)の中に収めている
いわゆる「クラシックスタイル タイプ」の選手。
何が違うと思いますか?

そんな疑問を、TRIPLANEが所属する
*「tearbridge production(ティアブリッジ プロダクション)」の
製作部長・伊東氏がBlogに書かれていました。



なんで野球のユニホームこんなブーツカットみたいにしたのかね?
誰がやりはじめたんだ????
ちょっと、調べます。
(一部、抜粋)

案外、パンツのスソまで気が付かない・・・のは、私だけ?

今日のドラの試合では・・・。

内野手「井端」ストッキング派
同じく、内野手「森野」スソ出し派

・・・うっかりしていて、2人しか見られませんでした。

で、なぜ、ストッキング派とスソ出し派に分かれるか。

ただ、単に選手の好みのようです_(^^;)ゞ

伊東部長のBlogに寄せられていたメッセージをお借りしました。

「裾がゆるいタイプのユニフォームには
 足首の血行を良くし、運動機能を高める効果があるようです。
 イチローのようないわゆるオールドスタイルには、
 主審がストライクゾーンを見やすくするための効果があるようです。」

伊東氏によると、
「さて日本では?というとどれも決定的な情報がないのですが、
 けっこう有力なのは中日のあの落球男の「宇野選手」が
 メジャーリーグの選手をまねて始めたのを落合がまねて始めたみたいです」

伊東部長・メッセージを寄せられていた“t・・・”さん
記事をお借りしました。ありがとうございましたm(_ _"m)ペコリ

あの、あの、愛すべき「宇野選手」が始まりなんて_( ̄▼ ̄)ノ彡☆ばんばん!

パンツのスソ、気にしてみてください。

*「tearbridge production(ティアブリッジ プロダクション)とは

 avex entertainment inc.内組織に属する音楽制作事業部 です。

 TRIPLANEも「avex 」所属なんですよ。


tearbridge production

↑STAFF BLOGより、記事を読むことが出来ます。
Comment:4  Trackback:0
2009
04.02

薬丸岳「天使のナイフ」

Category: 小説・文学
天使のナイフ
薬丸岳「天使のナイフ」 2005年8月8日刊行 出版社 講談社

天罰か?誰かが仕組んだ罠なのか?妻を惨殺した少年たちが次々と死んでいく!

生後5ヵ月の娘の目の前で妻は殺された。
だが、犯行に及んだ3人は、13歳の少年だったため、
罪に問われることはなかった。
4年後、犯人の1人が殺され、桧山貴志は疑惑の人となる。
「殺してやりたかった。でも俺は殺していない」。
裁かれなかった真実と必死に向き合う男を描いた、第51回江戸川乱歩賞受賞作。

↑講談社オフィシャルサイトより

いやぁ~、面白かった!!

久しぶりに、ワクワクしたミステリーでした。

貸してくれたお友だちに感謝です。

罪を犯した少年たちは少年法によって逮捕ではなく補導される。

施設で何年か過ごした後、普通の生活に戻る少年たち。

最愛の妻を殺された被害者「桧山貴志」は苦しみ続けます。

娘を殺された義母の少年に対する寛大な気持ちも理解しにくい。

桧山貴志の執念にも似た謎解きが中盤を盛り上げます。

幾つにも張られた伏線が終盤には「あっ!!そうか!!」と

驚くほどピタッとはまっていきました。

最後まで作者が桧山貴志に成り切り語っていきます。

しかし、冷静な視点で見つめることも忘れません。



薬丸さんの作品は初めて読みました。

文章も序盤から、終盤まで丁寧に書かれており

作品に対する真摯な姿勢が窺えました。

作者「薬丸岳」初の小説とは思えないほどの力作でした。

2008年8月12日に文庫も刊行されています。




Comment:0  Trackback:0
2009
04.01

入学式~

Category: 雑記
大学の入学式です。

親は行きません。

昨日から、バタバタしているのはσ( ̄∇ ̄;)わたしだけ。

私「ネ~書類は全部OKなの?」

息子「多分」

私「ムカッ…((o(-゛-;)…」

朝は7時30分起床のはずが

私「朝!!7時30分!!」

息子「うーん」

結局、7時40分起床。

7時53分、同じ大学に行く幼馴染が(幼稚園・小・中学校、一緒)

ピンポーン、迎えに来てくれました。

私「あっ、○○ちゃん(男子)来てくれたよ!!」

ドアを開け「ちょっと、待ってね。(;゜(エ)゜) アセアセ」

スーツ姿も凛々しい・・と、いうより着慣れていない感タップリ!!_( ̄▼ ̄)ノ彡☆

ノンビリ、二人で出かけました。

これから始まる大学生活。

まずは、子離れが課題の私・・・。

↓ 迎えの公園の桜。

満開に近いです*

桜

Comment:2  Trackback:0
back-to-top