2009
03.30

重松清「サンタ・エクスプレス―季節風 冬」

Category: 小説・文学
サンタ・エクスプレス
重松清「サンタ・エクスプレスー季節風 冬」 2008年12月5日 刊行 出版社 文芸春秋

なっちゃん、きみはいつか、この特別な一日を思い出すだろうか−。
出産のために離れて暮らす母親を慕う、
5歳の女の子の素敵なクリスマスを描いた表題作など、
寒い季節を温かくしてくれる12の物語。

鈴の音ひびく冬が、
いとおしい人の温もりを伝えてくれる。
ものがたりの歳時記―「冬」の巻、12編。

↑BOOKデータベースより

重松ワールドがココロを温かく癒してくれます。

故郷に1人暮らす母親を思う息子。
息子は東京で家庭を持ち仕事もある。
故郷には帰れない。
重松さんの小説ではよく登場する話。
年老いた両親(母親)を思う子供の気持ち。
葛藤が痛いほど伝わってきます。

本作でココロ惹かれた話が
「じゅんちゃんの北斗七星」
少し個性的な友だち「じゅんちゃん」のお世話を頼まれた僕。
じゅんちゃんからは「あいぼー」と呼ばれている。
ジッとしていられない、自分の世界に生きる、じゅんちゃん。
幼稚園では人気者でも
小学校では、授業の妨げとなる困り者になっていく。
結局、じゅんちゃんは転校してしまう。
作者「重松清」の実体験では無いかと思わせる。
回想シーンも含め、ちょっと、淋しく、ジンワリくる話でした。

今回も図書館で借りました。
(↓『屋上ミサイル』と2冊)
返却期限が迫っていたため
少し、急ぎましたが、短編集なので
サクサク読むことが出来ました。











Comment:0  Trackback:0
2009
03.29

山下貴光「屋上ミサイル」

Category: 小説・文学
屋上ミサイル
山下貴光「屋上ミサイル」2009年1月24日刊行 出版社 宝島社

大統領がテロ組織に拉致監禁されるという大事件がアメリカで発生していたものの
―日本の高校生たちにとって、それは遠い国の出来事だった。
それよりも、もっと重要なことがある。
例えば、校舎の屋上でスケッチをすることだとか。
美術の課題のため、屋上にのぼった高校二年生の辻尾アカネ。
そこで、リーゼント頭の不良・国重嘉人や、願掛けのため言葉を封印した沢木淳之介、
自殺願望を持つ平原啓太と知り合う。
屋上への愛情が共通しているということから、
国重の強引な提案で“屋上部”を結成することになった四人。
屋上の平和を守るため、
通行人を襲う罰神様騒動、陸上部のマドンナ・ストーカー事件、
殺し屋との遭遇などに巻き込まれることになる。
それらはすべて、ひとつの事件に繋がっていた!
『このミステリーがすごい!』大賞2009年第7回大賞受賞作。

↑BOOKデータベースより

うーん・・・スピード感に関しては少し物足りない。
アメリカのテロ事件は無くても良かったような気がするし
前半が中だるみかな。
後半で、前半の伏線がピタッと綺麗にハマル箇所はおもしろかったです。

青春活劇にありがちな
勝気な女の子
その女の子に恋心を芽生えさせる男の子と云う設定は
主役の高校生たちの会話のセンスの良さと
高校生らしい素直さがキラッと光って
読んでいても気持ち良かったです。

伊坂幸太郎が好きな方は
きっと、おもしろさを引き出せると思います。



Comment:2  Trackback:0
2009
03.28

PC

Category: 雑記
ノーパソ購入。
東芝「PAPW57GLR10W」

息子が、大学でPCを使うらしく
少し早めに用意しました。

ノーパソ仕様


↑東芝会員限定販売なので、ちょっと安く購入できました。

今、使っているノーパソも東芝。

おニューのPCはWindows Vista です。

あっ、無線LANにしました。

ネットもバッチリ☆
(息子も私もネットの無い生活はありえません)

セキュリティーも申し込み完了(o゜◇゜)ノ
(ウイルスはホント、恐いです++)

これで

「ねぇ~、PC貸してよ!!」

「ちょっと、待って!!」

息子とPCの取り合いも無くなります(´▽`) ホッ

・・・新しい始まりは、うれしいのだけど

お・お金が・・・・。ε=(。・д・。)フー







Comment:0  Trackback:0
2009
03.26

ブイヨンがキターッ!!

Category: 糸井重里さん
糸井重里さんの愛犬

「ブイヨン」ちゃん(女の子)の写真集が刊行されました。

「ブイヨンの気持ち」1575円です。

糸井さんのサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を入ってすぐ

右側に「気まぐれカメラ」というコンテンツがあります。

そこに登場する事が多いブイヨンちゃん。

ファンの方も多いんですよ。

満を持して、写真集が刊行されたというのはうれしい限り!!

あっ、糸井さんの本「ともだちがやってきた」も刊行されました。

「心にのこる言葉を集めてまとめた本」第3弾です。

素敵な言葉が並びます。

詳しくはコチラ


ほぼ日刊イトイ新聞

ほぼ日ストアから購入できます。

早速、購入しました。

今は完売になっている「やさしいタオル・ブイヨンのロゴ」も買いました。

再販に向けて準備中の様なので

気になった方は、糸井さんのサイトをマメに覗いてみてください。

さぁ~て、糸井さんとブイヨンちゃんに癒されますかε-(´・`)

Comment:4  Trackback:0
2009
03.24

ヨコハマ*

Category: 雑記
大好きな横浜へ22日・23日
お義父さん・お義母さん・ダンナちゃん・私・息子2人で出かけました。

朝は、長男の所用で早く出かけるため
私と長男が先に出発。
新横浜→JRで横浜へ→みなとみらい線でみなとみらい駅へ。
長男と別れ、私は「横浜美術館」へ出かけました。
ダリ・ミロなど常設展と写真展示を見て回りました。
久しぶりに静かな時間を過ごす事が出来ました。
その後、クイーンズスクエア横浜をブラブラ・・・。
お義父さんたちと長男もクイーンズスクエアで合流。
お昼を食べて、ホテルへ。
↓「ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル」

ホテル

私たちは4人部屋なのでこんなに広いお部屋でした。
手前にもう一部屋。
でも宿泊料金は、驚くほどお値打ちなんですw( ̄o ̄)w
貧乏性なもんで・・・(^^ゞ

こんな部屋~

旅館に泊まることが多い我が家・・・。
「ゲームコーナーが無い++」「温泉に入りたいな~」
時間を持て余し気味。

ディナーはバイキングでした。
名古屋のホテルのバイキングより美味しかった!!
次男はあこがれの「チョコレートタワー」に目が(゜ー゜☆キラ~ン
でも、デザートに移る頃にはおなかがイッパイ。
イチゴを串に刺し、2個だけ食べました。
感想は「思ったより甘い(_ _。)・・・」・・・そんなもんです。

温泉卓球をすることも無く、静かに夜は更けていきました。

朝は「なだ万」で朝食を食べました。
宿泊料金に、朝食代も入っているのです!!
お泊りの際は「ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル」へ。

23日は中華街へ。
行きたかった「よしもと おもしろ水族館」へ
入館料大人1400円・・・ちょっと高め?
クイズ形式で、子供が飽きないような展示がしてありました。
大きな魚は居ませんが、色々工夫があり、おもしろかったです。
入館サービスとして、オロナミンCがもらえます。
なぜ、オロナミンC?

水族館を後にして
お昼を食べるためブラブラ歩きますが
どこも同じようなお店ばかりで迷います。
「均昌閣」というお店で食べましたが
まぁ、普通の味でした( ̄∇ ̄*)ゞ

「関帝廊」をお参り。
ご利益がありますように(-m-)”

ドンドン、人が増えてきました。
中華街は活気があって好きです。

中華街から元町へ。
ブランド品は苦手な私・・・。
目指すは「ポンパドウル元町本店」!!
大好きなパン屋さんなので
「あのパンも、このパンも!!」
本店限定パンも買いました。
パンだけで3000円くらいε-(ーдー)
どんだけパンが好きなんだい・・・。

元町を抜け、山下公園へ。

寒いので・・・早々に引き上げてしまいました。

元町・中華街駅から新横浜へ。

お義父さんは82歳という事もあり全体のペースがゆっくりでした。
階段も足が痛いのでエレベーターを探したりで大変でしたが
孫と一緒の旅行が何よりの様です。

無事、名古屋へ到着。
名古屋の方が寒い~。

思ったことは
私が20代の頃は、ヨコハマと言えばオシャレな街。
(車のナンバーも、あこがれの“ハマナンバー”なんて言ったりして)

今は名古屋の若い女子も負けていません!!
(今でも名古屋嬢と言うのかな)
有名店も、三越・高島屋・松坂屋などへ出店していますから
不便は無くなりました。

先週は大阪。
今週は横浜。
名古屋から少しだけ出たことになります。
やっぱり、地元名古屋が一番。

ホテルの部屋から見えた
大観覧車「コスモクロック21」

コスモクロック21

横浜と言えば
TRIPLANEのメンバーが住んでいる街。
どこかで逢えないかな・・・もちろん逢えませんでした( ̄▽ ̄;)



Comment:4  Trackback:0
2009
03.21

ワン!!

Category: 雑記
昨日、実家に行って来ました。

5年前、訳あって親戚の家から
実家に移り住んでいるキャバリア「エル」
推定年齢・・・8歳かなぁ~。
♂オスです。
おとなしく、滅多なことでは吼えません。
穏かな食いしん坊「エル」
名前が「エル・L」なので体もLサイズ!!
キャバリア~?本当に?・・・そのくらい大きいです。
最近は、眉毛(?)も白くなり、茶色い部分もかなり白くなりました。
飼い主も・飼い犬も、静かに静かに暮らしています*

私、幼い頃、犬に追いかけられ(アチラはじゃれていたつもり)
死ぬかと思うほど恐い思いをした為
犬とはココロから仲良くなれないのです++

↓、ガーゴガーゴ、大いびきで寝ているエル。

ワン



Comment:6  Trackback:0
2009
03.19

ライヴで思うこと

Category: TRIPLANE
TRIPLANEライヴから4日経ちました。
少し冷静に考える事ができるようになりました~。
(おおげさ~)

TRIPLANEはファン層が広いので、ファミリーでライヴ参加の方もいらっしゃいます。

名古屋・大阪もファミリーで参加の方はいらっしゃいました。

私たちのような年齢の方も。

E.L.Lでは若い男子も多く

メンバーは「男子が増えてテンション上がる」と・・・。

そりゃそうです。同姓ファンはうれしいですよね。

でも、アラフォー世代はちょっと引くわけで・・・。

ギターのケインさんは

「ライヴでこうして欲しいと云う事は何もないです。

 手拍子もしたくなったらすればいいし

 自分が一番楽しい方法で参加して」と。

やっぱり、ケインさん、いいなぁ~(*・・*)

余分な事は考えない!!やっぱり、楽しまなきゃ!!

ヴォーカル・ギター兵衛さんは

「ライヴが終われば離れ離れ。でも絆で繋がっている」と。

一言、一言が、ココロに染みます。

TRIPLANE ワンマンLIVE TOUR 2009 "君に咲くうた"

ファイナルまでo(*⌒O⌒)b頑張って!!

↑全然、冷静じゃない(・Θ・;)アセアセ…

ライヴ

追記
2009年4月18日 Zepp Sapporoにて無事終了。
Comment:0  Trackback:0
2009
03.18

瀬戸内寂聴「奇縁まんだら」

Category: 小説・文学
奇縁まんだら

瀬戸内寂聴「奇縁まんだら」2008年4月15日刊行 出版社 日本経済新聞出版社

いまや日本を代表する女流作家が、
藤村、川端、三島から岡本太郎まで、
1人の物故巨匠作家との奇縁を綴った随想集。
誰にも書けない日本文学史“ライブ”であり、
“自立した女性”の魁となった著者の精神史でもある。

↑ 日本経済新聞出版社 オフィシャルサイトより

お友だちにお借りしました。

寂聴さんが出逢った物故作家・芸術家との交流が活き活きと書かれています。

文豪の持つ色気が寂聴さんの目を通して描かれます。

名だたる文豪と言えども、人間臭さの漂う方もいれば

品良くユーモアを持った方もいらっしゃる。

作品を通してしか知らない芸術家を、少し身近に感じる事が出来ました。

今東光とのくだりでは

思うところあって、出家したくなった寂聴さんが

今東光の元を訪ねます。

「出家させていただきたく、参上いたしました」

法名は師僧の法名の一字をいただくのだそうだ。
東光という法名らしいお名前は、
先生の戸籍名で、法名は春聴ということも、
私は八月にはじめて伺ったのであった。
先生は私が女だから春をあげようとおっしゃった。
私はその場で、春には飽き飽きして出家するのだから、
聴を下さいとお願いしてあったのだ。

↑本文より一部抜粋

春には飽き飽きして・・・

「春」なのかご本名「晴美」の「晴」なのか分かりませんが

あの柔和な笑顔でいたずらっぽく笑っていらっしゃるような気がしました。

横尾忠則さんの挿画も素晴らしかったです。


Comment:0  Trackback:0
2009
03.16

もう一枚

Category: TRIPLANE
大阪・Shangri-La♪

↑ 大阪・Shangri-La♪オフィシャルサイトより

素敵なライヴハウスでした。



↓下の記事、ハイテンションのまま書いたので
 読み直すとΣ('=';) ハッ!!
 スペルが違う!!
 他、間違いだらけでした**(/▽/)**


Comment:4  Trackback:0
2009
03.16

名古屋・大阪LIVE

Category: TRIPLANE
行ってきました。

「TRIPLANE ワンマンLIVE TOUR 2009 "君に咲くうた"」

14日名古屋・E.L.L 
15日大阪・Shangri-La
2日間、参戦しました。
腰痛・・・忘れました。

E.L.Lはキャパ500人。
500人近く入っていたと思います。
それくらい、イッパイでした。
若い男子が多くて、ちょっと熱気に押され気味のアラフォーでした。

でも、それも最初だけ。

いやぁ~、楽しかった!!
兵衛さん(ヴォーカル・ギター)
歌って歌って、MCも絶好調!!
ケインさん(ギター)
ギターソロ、カッコ良かった!!
JUMP、JUMP!!ケインさん、跳ねてました!!
和也くん(ベース)
チャラい事を言っては真っ赤になっていました。
タンさん(ドラム・リーダー)
オリジナルグッズ、販売促進担当ですが
メンバーからツッコミが入る入る。
タンさん、宣伝効果、バッチリ?かな~。

15日は
上の息子と大阪まで出かけました。
Shangri-La はキャパ250人くらい。
メンバー・ファンと密な空気感がよかったぁ。
Shangri-La 素敵なライヴハウスでした。

E.L.Lでは
ン十年ぶりに、出待ち・お見送りをしました。
(ライヴ終了後、寒空の下1時間30分ほど、待ちました++)
若い頃は
さださんのコンサートが終わると
出待ち・お見送りをしたものです( ̄‥ ̄)=3

2日間、TRIPLANE・ファンのみなさんと
楽しい時間を過ごす事が出来ました。
幸せ~(∇〃)。o〇○
さぁ~、これから来る焦燥感とどう戦うか・・・。
(まったく、おバカです)

兵衛さん、ケインさん、和也くん、タンさん、最高でした!!
また、ライヴで逢いましょ!!
素敵な時間を('-'*)アリガト♪

E.L.Lの様子です。
↓ オフィシャルサイトから

TRIPLANE E.L.Lライヴ

TRIPLANE


Y君、色々、本当にありがと~。
楽しい時間を過ごす事ができました。

追記ー2009年4月18日
Zepp Sapporoでツアーファイナルを迎えました。
無事終了。


Comment:0  Trackback:0
2009
03.13

かわいいです*

Category: 糸井重里さん
糸井重里氏のオフィシャルサイトで知りました。

とってもかわいいサイトです。


「チワワとトラ猫」

コチラ→ 「チワワとトラ猫」

明日はホワイトデーという事で

チワワの凛ちゃん(妹)と

トラ猫(正宗にいちゃん)と一緒に、あま~い時間を( ̄m ̄〃)


Comment:4  Trackback:0
2009
03.13

腰痛

Category: 雑記
8日、日曜日に
腰をひねってしまい、痛みが・・・。
今年一月にもひねりました。

前回は、自然に治ったのですが
今回は痛みが引かないので
次の日、整体でハリを打ってもらいマッサージをしてもらいました。
どうも、調子がイマイチ。
10日に整形外科に行きました。
レントゲンを撮ってもらいましたが骨に異常はありませんでした。
痛み止めの薬をもらいました。

今は、ほとんど痛みも無く
用心をしながらの家事なので少しの不便を感じるくらいです。

どこかが痛い
いつ、取れるのか分からない痛み。
これは辛いです。

知り合いのお母さまは
テーブルで足をコツンと打った程度だったのが
痛みは足全体に広がり
通い続けた整体では良くならず
精神的にも辛いので整形外科に行ったところ
「足の痛みは、もう無いはずですが
 うつになっています」と言われたそうです。
既に、うつ症状が現れ始めていたのか
足の怪我から、うつが始まったのか
詳しくは分かりませんが
ご家族も、今は見守る事しか出来ないようです。

私も、座ると腰が痛いので
PCタイムも読書タイムも減りました。


幸い、痛みが引いたので良かったです。
が、暴走気味だった最近の行動を反省して
少し、抑え気味で行きます。

明日はTRIPLANEのE.L.Lでのライヴ~。
イヤ、イヤ、暴走はしません++
腰を労わり、抑え気味に静かに楽しみたいと思います。
(そこまでして行くの?ライヴ・・・。)←(ココロの声)


Comment:6  Trackback:0
2009
03.10

卒業ソング

Category: 音楽
若者が選ぶ”卒業ソング”の定番

1位「3月9日」レミオロメン

2位「贈る言葉」海援隊

3位「卒業写真」松任谷由実


へぇ~「贈る言葉」「卒業写真」ね~。

良い歌は歌い継がれるのですね。

アンジェラ・アキさんの「手紙~拝啓 十五の君へ」も歌う学校が増えているとか。

型にとらわれないのは良いことです。

私の時代は定番中の定番「仰げば尊し」でした。

そう言えば、中学3年の時の担任の先生(男)は

教員になって初めて教え子を送り出すということで

式の後、涙をポロッとこぼし、静かに泣いていました。

その姿を見てしまった女子は(私も)

「○○(呼び捨て)が泣いてる!!」

みんなで大泣きでした。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。

今でも同窓会でお逢いしますが友だち感覚が抜けず

先生をバンバン叩きながら大笑いしています++

年月がたっても、思いでは残ります*


Comment:2  Trackback:0
2009
03.08

山本文緒「再婚生活」

Category: 小説・文学
再婚生活
山本文緒「再婚生活」 2007年5月31日刊行 出版社 角川書店

夫婦という葛藤。涙する心と孤独の病、鬱。
あまりに小説的な魂の記録、著者3年の沈黙を破る告白日記。

↑ BOOKデータベースより

先に読んだ「幸せになっちゃ、おしまい」で
平さんが山本文緒さんと「再婚生活」について書かれていました。
(機会があれば読んでみようかな)くらいに思っていましたが
しばらくして行った図書館の返却棚に「再婚生活」はありました・・・。
なんと言う偶然。

内容は
まさに「うつ闘病日記」

野性時代に連載された2003年12月~2004年4月号は
本当に辛そうでした。
寝ても寝てもまだ、寝たり無い。
そうかと思うと、早朝パチッと目が覚めて
もう、眠ることは出来ないなど
体調と心のバランスが取れないことに悩みます。
服用している薬の量も増えていきます。
入院した病院の様子も書かれていますが
割と自由な入院生活のようで
お酒を飲んだり、買い物に出かけたり。
山本文緒さんご自身の日記ですが
時折、小説のように面白おかしく書かれているのも
後から思う頑張り過ぎの様な気がしました。

しばらく休載
「2年前の私と今の私では、ずいぶんいろんなことが変わってしまいました。」
206年8月~11月号 2007年1月~2月号へと続きます。

後半の日記は、前半の日記より落ち着いているのが分かります。
お酒も、タバコも止められたそうです。

「やけくそで騒ぐ時期が終わったことに何だかほっとした」

「王子(ご主人)は私が入院している頃は掃除ばかりしていたらしい。
掃除をしているときしか気が紛れず、
そんなつらい気持ちを誰にも言えなかったそうだ。
今更だけど、ごめんなさいと謝った。」

こういう会話も出来る様になったんですね。
後半を読み、私もホッとしました。

Comment:0  Trackback:0
2009
03.05

平安寿子「素晴らしい一日」

Category: 小説・文学
素晴らしい一日

平安寿子「素晴らしい一日」 2005年2月10日 刊行 出版社 文春文庫


恋人に逃げられ、勤務先は倒産。
ドツボにはまった三十歳の幸恵は、
昔付き合った男に貸した金を取り立てるところから
人生を立て直そうと考えたが…(「素晴らしい一日」)。
卓抜なユーモア感覚が絶賛されたオール読物新人賞受賞作を含め、
憂きことばかりの人の世を、もがきながら生きる人間像を軽やかに讃える傑作六編。

↑BOOKデータベースより

エッセーを読み、作品も読みたくなりました。

韓国映画にもなった 「素晴らしい一日」「アドリブ・ナイト」など

平さんの作品に出てくる女性陣は活き活きとしていて素敵。

特に「オンリー・ユー」の由佳子がけなげでかわいいのです。

反対に男性はダメダメです++

が、憎めない(_ _。)・・・

最後には、ホロッとさせられる。

平さんが「素晴らしい一日」を書かれたのは46歳くらい。

随所に、女性の余裕を感じてしまったのです(*≧m≦*)

若い読者の方は、違和感があるかも。

同世代の女性はたくさん元気をもらえる作品だと思いました。

(o゜◇゜)ノハイ!!たくさん元気をもらいました*

韓国映画「素晴らしい一日」

チョン・ドヨンさん、ピッタリの役どころだと思います。


Comment:4  Trackback:1
2009
03.05

多分・・・読みません・・・

Category:
気にはなるけど
多分、読まないだろうな。

そんな本があります。
お説教ぽい指南書はまず読みません。

今流行の
「O型自分の説明書」「A型・・・」「B型・・・」「AB型・・・」
立ち読み程度で終わっています。

こんな本も
「弟の説明書」「姉の説明書」

「弟の説明書」
ワガママだけど、なぜかみんなに好かれるお調子者。
テキトーな性格だけど、ちゃっかりやることはやってる弟くん。
この「弟の説明書」を読めば、あなたのまわりの弟のことが、よーく理解できるかも。

         ↑BOOKデータベースより

(_≧Д≦)ノ彡☆ ウケました!!
よーく分かります。弟を見ているので。

「姉の説明書」
しっかりしてるけど、どこかちょっと抜けている。
たくさん振りまわされたけど、一番の家族・きょうだい思い。
この「姉の説明書」を読めば姉の人も姉じゃない人も、姉を理解できるかも。

         ↑BOOKデータベースより


(┯_┯) そうそう、振り回されても
     かわいいんですよね、弟が・・・・。

「妹の説明書」「ひとりっ子の取り扱説明書」など色々あります。

読まないといいつつ
結構、気になっているのでした++


Comment:0  Trackback:0
2009
03.03

葉祥明の世界展

Category: 芸能
1日「葉祥明の世界展」に

下の息子と出かけました。

葉祥明さんの絵に出会ったのは30年ほど前。

「non・no」というファッション雑誌に

葉祥明さんの特集が組まれていました。

絵を見て、一目ぼれです。

星が降る夜空に真っ白な小さな家・・・。

緑の草原に立つ一本のポプラ。

当時、絵本も何点か購入した覚えがあります。

最近はちょっと、遠ざかっていましたから

「葉祥明の世界展」を楽しみにしていました。

原画を購入すれば、後ほどサイン会で葉祥明さんのサインが頂けるとの事。

原画展では間近に作品を見ることが出来ました。

透明感がある作品・これが水彩?と思わせるような力強い作品・・・。

赤ちゃんの絵も、羊の絵も、色あせない葉祥明さんの絵です。

息子が「絵、買えば?」

(_ _。)・・・100万円・・・買えません・・・。

ポストカードを3点購入。

葉さんがご挨拶をされるということで

サインを頂く方の脇からソッと覗かせてもらいました。

「葉祥明です。」

あ~あこがれの葉祥明さんだぁ~(*・・*)

あったかい優しい方でした。

原画・・・欲しかったなぁ。

コチラから葉祥明さんの世界へどうぞ→  葉祥明さんオフィシャルサイト

HPのNet Shopをクリック→ 家のマーク葉祥明オフィシャルブログをクリック

「サイン会のご報告」で様子が分かります*


Comment:4  Trackback:0
2009
03.01

ママ友と

Category: 友だちと
昨日は
ママ友5人と飲み会~。
最初に行ったお店は焼酎の種類が豊富という事で決めました。
(酒豪ぞろいなもので・・・(_≧Д≦)ノ彡☆)
おつまみが少ないので
ちょっと物足りなかったです・・・。
おさけ~
↑「初恋マンゴー」
恥じらいながら注文♪
あと「美人サラダ」もありました。

2時間までという事でしたから
次の居酒屋へ場所移動。
(17時から飲んでいますから、ほろ酔い気分です)
カラオケはしないママ友達。
ひたすら、飲んで、食べて、オシャベリして、にぎやかです*

2次会は「座座はなれ」
最初の予約時点で「2時間限定になります」と言われて断ったらしいです。
「でも、雰囲気も良いし、みんなで行きたい」と幹事ママ。
私も、2月の初めに連れて行ってもらってお気に入りのお店。
無事、移動完了。

「2時間って言われなかったから大丈夫だよ」
仕切り直し!!
飲んで、食べて、飲んで、飲んで・・・。
お店の方が「ラストオーダーですが」と教えに来てくれたのが
23時53分Σ(ノ▼ο▼)ノ オォオォオオオ!! そんな時間?
20時~24時まで居座りました。

ガールズトークに花が咲きました。
ステキなママ友達
〃 ̄∇)ゞアリガトォーーーーーーーーーーーーーーー♪



Comment:6  Trackback:0
back-to-top