2009
01.30

重松清「とんび」

Category: 小説・文学
とんび
重松清「とんび」2008年10月30日刊行  出版社 角川書店

昭和三十七年。瀬戸内海に面した街、備後市。
二十八歳のヤスは、待望の長男アキラが誕生し
生涯最高の喜びに浸っていた。
愛妻、美佐子と、我が子の成長を見守り幸せを噛みしめる日々。
それは、幼い頃に親と離別したヤスにとって、ようやく手に入れた「家族」のぬくもりだった。
しかし、その幸福は、突然の悲劇によって打ち砕かれてしまう――。
困難に直面するたび、不器用に戸惑い、悩みながら
それでも我が子の幸せ第一に考え
息子を育てる父親の、喜びと哀しみ。
魂が涙する、父親物語の最高傑作!

↑角川オフィシャルサイトより

「父と息子に流れる時間を書きたかった。」重松清

友だちからお借りして読むことができました。
無骨で照れ屋の父親「ヤス」と
ヤスと周りの大人に見守られて育つ息子「アキラ」の物語。
良き昭和時代を懐かしく思い出しながら読み進みました。
ヤスが話す備後弁が温かく優しい。
ヤス親子を見守る周りの人々が
個性豊かに活き活きと描かれています。
重松さんの小説は映像が浮かびやすく
人物の体温まで伝わってくるような気がします。
途中、何度も文字がかすみ(T0T)ウルウルきました。

この小説は男性の目線ではどう映るのでしょうか。
気になるところでもありますが(='m')


Comment:2  Trackback:0
2009
01.29

デジカメ リコール

Category: 雑記
去年の秋から
デジカメの調子が悪く
AUTOに設定をすると
モニター画面が真っ暗++
他の設定でも赤いラインが出て、画面も乱れます。
デジカメを購入した家電量販店に持って行きました。
保障期間が過ぎているため
修理譜代として12000円くらい掛かるとの事。
購入代金が40000円したので
買い換えるより修理の方が安いということになり
前受け金として3150円を払い、預けました。
しばらくして連絡があり
「メーカーの無償修理で直りました。」
へ~、保障期間が過ぎてもOKなのかな?
受け取りに家電量販店へ・・・。
「無償修理ということで前金3150円はお返しします」
修理票を見て、Σ(゜□゜;)ガーン
Canonリコール対象商品でした。

「PowerShot A80」↓
対象製品を、とりわけ高温多湿環境下で保管、あるいは使用した場合
製品に搭載されたCCD内部の配線接合箇所が外れる場合があることが確認されました。
この場合、撮影モード時にCCDからの信号が正常に出力されなくなるため
撮影画像が「乱れる」、「映らない」等の現象が発生します。
なお、これらの現象は撮影時に対象製品の液晶モニターの画面で確認することが出来ます。
また、記録された画像にも同様の現象が発生します。

知らなかった;;
記事になったの?
と言うより、家電量販店は知らないの?
もし、あの時、修理に出さないで買い換えていたら。
一言、情報が欲しかったぁ~。

↑機種以外のデジタルビデオカメラ・デジタルカメラで心当たりのある方はCanonへ。
コチラ→ Canon サポート
Comment:2  Trackback:0
2009
01.25

泣ける歌。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。

Category: 音楽
日本テレビ系で毎週火曜日午後9時から好評放送中の「誰も知らない泣ける歌」。
ここで紹介された楽曲を中心に
レコード会社8社が「泣ける歌」を集めたアルバムが
2月18日に同時発売されます。

「誰も知らない泣ける歌」オフィシャル外伝コンピレーションアルバム
avexからは「avex selections ゆうきのうた」 リリース!!

↑情報は、avex社長 松浦勝人氏 オフィシャルサイト BLOGから頂きました。

主な収録曲・・・

TRIPLANE「Dear friends」
フジテレビ系大人気アニメ『ONE PIECE』のエンディングテーマ曲でした。

木山裕策「ありがとう」
テレビ愛知発テレビ東京系他「トミカヒーローレスキューフォース」エンディングテーマ曲です。

他、東京プリン・中村 中・・・・全16曲収録。


↑木山さんは第59回NHK紅白歌合戦に初出場されています。

木山さんのご長男はTRIPLANEの大ファンだそうです♪

コンピレーションアルバムの

他のレコード会社のCD情報は

コチラ→  誰も知らない泣ける歌 からどうぞ。




Comment:4  Trackback:0
2009
01.23

ファンクラブコンサート♪

さだまさしWORLD2009

コンサートのチケット発売
電話受付期間 1月23日~27日

↑ファンクラブに入っていないと
チケットは取れませんけど・・・。

今日の10時~電話を掛けました。
10分で取れました。ラッキー\(^^\)(/^^)/

5月24日 名古屋国際会議場センチュリーホールのチケット、ゲット!!
1階か、2階か・・・。
電話が早く繋がっても
良い席とは限りません++


また、タイトルが、WORLDコンサートかWORLDフェスティバルかで
内容が違ってきます。

コンサートは
さださんの歌・トークが中心。
フェスティバルは、ちょっとしたサプライズがあります。
今回は・・・書いてないので、どちらか分かりませんが。
どちらにしても
5月が待ち遠しいです。






Comment:6  Trackback:0
2009
01.22

バンド♪

Category: 音楽
TRIPLANEに出逢って
大きく変わったこと・・・。

TRIPLANEとのイベントライヴ(対バンライヴ)で
たくさんの若いバンドに出逢えたこと。

そんな中、色々なバンドを見ていると分かって来るものがあります。

自分たちの音楽を楽しんでいるバンドからは
キラキラオーラが届いて私もライヴハウスのみんなも楽しさ倍増☆彡

反対に「ミュージックフェア」などにも出演をしているバンドには
ライヴ前から、期待を持って見てしまいますが

中盤になっても(・・・乗り切れない(_ _。)・・・)なんでかなぁ~。

ただ、ギターを弾いて、歌って、ドラムを叩いて・・・。
楽しさが伝わってきません;;
キラキラオーラがありません。
緊張したのかな。
TVとライヴ、空気が違っちゃったのかもしれません。
その微妙な空気は最後まで変わりませんでした。

対バンライヴなので自分たちの持ち歌披露は、5曲くらい。
その中で
自分たちの音楽をどれだけ伝えることができるのか。
難しいのかも知れません++

あるバンドがラジオで言っていました。
「バンド仲間からよく聞くんですが
 名古屋のライヴは難しい。大阪の様に盛り上がらない;;」と。


そして
最近気になるバンド。
Aqua Timez(アクアタイムズ)
既にメジャーなので今更ですが・・・。
TVで観ていてもすごく楽しそう!!
キラキラオーラを感じました。
1st、2ndアルバム、借りてきて聴きました。
良いです*
聴きこみます。

楽しいだけではいけないのかもしれませんが
伝わってくる音楽は確かな物の様な気がします。

TRIPLANEも

すっごく楽しんでいます!!

Comment:2  Trackback:0
2009
01.18

小川糸「食堂かたつむり」

Category: 小説・文学
食堂かたつむり
小川糸「食堂かたつむり」2008年01月15日刊行 出版社 ポプラ社

料理の神様、お願いします――
衝撃的な失恋のあと、倫子は故郷に戻り実家の離れで食堂を始める。
ある噂とともに店は評判になるが

「食べる」ことは
 愛することであり、
 愛されることであり、
 つまり生きることなんだ
 って改めて教えられる
 素敵な物語でした。 ―――草野マサムネ(スピッツ)
---------------------------------------------------
 毎日口にするごはんに 
 こんな物語が
 詰まっているなんて
 気がつかなかった。
 これからは大きな声で
 「いただきます」と言いたい。―――岡野昭仁(ポルノグラフィティ)
-----------------------------------------------------------------
失ったもの:恋、家財道具一式、声
残ったもの:ぬか床
       ふるさとに戻り、メニューのない食堂をはじめた倫子。
       お客は一日一組だけ。
       そこでの出会いが、徐々にすべてを変えていく。

(↑ポプラ社 オフィシャルサイトより)

本屋さんを覗くと
いつも気になる、そんな本でした。
SPITZの草野マサムネさん
ポルノグラフィティ岡野さんが
本の「帯」に↑のキャッチコピーを寄せていらっしゃいます。
・・・( ̄  ̄;) うーん
お二人とも好きなアーティストなんですが
帯にコピーを載せちゃうのもなぁ~。
あえて書かなくても良かったのではないでしょうか。
小川さんのご主人は
音楽関係のブロデューサーらしく
草野さん・岡野さんのキャッチコピーも
その関係では?と言う意見もありました。
へそ曲がりな私は
そこで、既に読む気は失せていました。

でも
これだけ売れているのはなぜ?
好奇心には勝てません。
軽い気持ちで読んでみる事にしました。
2008年7月、図書館で予約をしました。
半年待ち、やっと手元に来ました。
(ながっ;;)

小川さんの素直な文体・飾らない言葉。
主人公「倫子」の思いが
心にスーッと染みてきます。
何も、情報を得ずに、一気に読んで欲しい
そんな本でした。

amazonでレビューを読んでみました。
評価が低かったです。
(-_-; 好みが分かれてしまうんですね。
私の中では一押しなんですけど・・・。
読まれた方のブログも拝見しましたが
やはり「良かった」「軽くて小説として読めない」とか色々・・・。

「王様のブランチ」では絶賛。
本のコーナー(2008.3.22)2008年03月22日 
ネタバレになるような事は書かれていませんが
ヒントらしい事は書かれていますのでご注意を_(^^;)ゞ




Comment:6  Trackback:0
2009
01.15

小手鞠るい「猫の形をした幸福」 

Category: 小説・文学
猫の形をした幸福
小手鞠るい「猫の形をした幸福」 2008年9月8日刊行 出版社 ポプラ社

生きるうえで、無傷ではいられなかった二人が出会って結婚。
二人は新居に一匹の猫を招き入れる。子猫はおとなになり、やがて―― 

わたしが愛すべき、
わたしに愛されるべき空洞が、
あなたの心にはある

恋愛小説の名手がつづる、渾身の一作。
ふたりと一匹の、魂の絆の物語

ふたりの人間がいて、
ふたりは別々の人間で、
決してひとつにはなれない、
ふたつの体と心があって、
でもそこには同じ一匹の生き物が棲んでいる。

(↑ポプラ社 オフィシャルサイトより)

小手鞠るいさんの作品は大好きです。
小手鞠さんの作品は
真っ白な砂糖がサラサラ降り積もり
心を甘く満たしてくれる・・・そんな感じがします。

「猫の形をした幸福」は
未知男と彩乃とマキシモという名の猫の生活を通して
お互いを思いやる気持ちの大切さを語りかけています。
心に深い傷を抱えながらも
同情や、傷をなめ合うのでは無く
理解しあい、お互いを尊重する
そんな二人の姿が
カラッと描かれていて良かったです。
やはり、猫というもう一人(?)の主人公が
作品を明るくしている様な気がします。

マキシモとの別れは着実に訪れます。
未知男・彩乃を通して、読者の私もその時を静かに待ちます。

Comment:4  Trackback:0
2009
01.13

合格祈願

Category: 雑記
山田天満宮へ「合格祈願」へ行ってきました。

(センター試験が何事もなく無事終わりますように。。。。
 TRIPLANE(トライプレイン)のライブにたくさん行けますように)
しっかり、TRIPLANE飛翔のお願いもしました++

山田天満宮に合祀されている
「金神社(こがねじんじゃ)」は
金運招福・商売繁盛の御利益があるとされ、銭洗いで知られています。

銭洗い
黄金(こがね)洗いとも云い、ざるの中に宝財または金銭、くじ等を入れ
恵比寿・大黒天の像に三度ずつ御神水を掛け洗い清めると
福銭のご利益を授かると云われています。
金神社公式HPより→ 天満宮

毎年、年末ジャンボ宝くじを購入して洗いに行っています。
宝くじは当たりませんが
細かい福引などは、ちょこちょこ当たるようになりました☆^∇゜)

帰りにはナゴヤドーム前にあるショッピングセンターへ。
ドームを見ていつも思うこと
(TRIPLANEのドームツアーが実現しますように)

あまりギスギスしていては、心の余裕も無くなります。

って言うか、受験生らしく無い息子・受験生のいる親らしく無い私( ̄∇ ̄*)ゞ

絵馬




Comment:4  Trackback:0
2009
01.10

三浦しをん「光」

Category: 小説・文学
光

三浦しをん「光」2008年11月26日刊行 出版社 集英社

東京・美浜島
ある日、島を大津波が襲う。
生き残ったのは信之・幼なじみで恋人の美花
信之を兄のように慕う輔(たすく)そして2人の大人たち。
島を離れた者はそれぞれ、違う道を歩み始める。
20年後、再び出逢う事になるが
信之・美花・輔のどこまでも深い闇は
周りの人々を巻き込みながらより深みへと落ちていく。
それぞれを導く光は最後まで暗い方へ暗い方へといざなう。


集英社WEB文芸RENZABURO[レンザブロー]
三浦しをん『光』
刊行記念スペシャルインタビュー↓もおもしろいです。

――『光』刊行おめでとうございます。
   この新刊に関して、すでに何件もインタビューを受けてらっしゃるわけですが
   皆さん一様に「三浦しをんがこんなダークな話を書くなんて!」と驚かれたようですね。
   三浦さんとしてはどのようなお気持ちですか?

三浦:うれしいですね(笑)。 
    何作か明るい作品が続いていたので
    "当然、そうじゃない部分も あるよ"と作品という形でお見せできてよかったです。

――『光』というタイトルが、これまでの作品とは違うものを感じさせて
   非常に印象的ですが、これはどうやってお決めになったんですか?

三浦:まあ、「暗い話だからその逆を行って『光』でいいだろう」という
    安直な発想だったんですけど(笑)。
    ただ私は、タイトルがなかなか決まらないことが多いんですが
    今回はもう『光』しかないなって思ったんですよ。珍しいケースでしたね。
    書きながら「人を暗いほうに導く光も、あるんじゃないかな」と思いました。

確かに、今までの三浦しをん作品とは一味違いました。
「三浦しをん」のダークな世界に引き込まれました。
「三浦しをん」という作家は
どれだけの引き出しを持っているのでしょう。
次回作も楽しみです。



Comment:2  Trackback:0
2009
01.08

すっぴんメイク

Category: 芸能
1月8日のめざましで
「ココ調 いま女性たちが”すっぴんメイク”にこだわる理由」を放送しました。
インタビューを受けていた若い女性は
「厚化粧はケバく見える」
「すっぴんメイクは私らしい」など・・・
確かに、若々しくてきれいでした。
と、言うか、若いだけで、十分綺麗です・・・。

「すっぴん」と言っても
全く、お化粧をしないのは肌に負担もあるらしいので
うす~くファンデーションを塗る事くらいはした方が良いらしいです。

乳液とリキッドファンデーションを手のひらで混ぜて
顔に伸ばす感じで塗っていくと自然になるらしいです。
紫外線予防のUVカット乳液も
クリーム・乳液と混ぜて塗れば白くなりにくいです。

少しでも輝いていたいのは、幾つになっても同じ。

ライヴに行っても年を感じさせること無くキラキラ輝いていたい!!

目だけギラギラしていては、獲物を狙う野獣。。。

気を付けよ~っと...... ( 〃..)

n.gif
↑CD聴いているときは、こんな感じ~♪

Comment:5  Trackback:0
2009
01.07

イルミネーション

Category: 友だちと
光の回廊←トンネルになっています。
花

6日、友だち3人で
三重「なばなの里」へ行きました。
「冬華の競演ウインターイルミネーション」
2009年3月8日 9:00~21:00まで開催中。
コチラ→ なばなの里

これから寒くなるとちょっと、キツイかなぁ~。
でも、空気が澄んでいて、イルミネーションも綺麗でした。




Comment:3  Trackback:0
2009
01.05

タワーズライツ“2”

Category: 友だちと
CAPEUWK4.jpg

友だちが撮ってくれました。

私より、ずっっっと上手です(゜ー゜;A

K君、ありがと~。



Comment:4  Trackback:0
2009
01.04

毎度・・・

Category: 友だちと
いつもの中学時代の同級生+帰省している友だちで新年会でした。

男子5人女子3人。
中学時代から仲良しです。
逢えば、バカ言って大笑いして・・・。
幸せな時間でした。
みんな 〃 ̄∇)ゞアリガトォーーーーーーーーーーーーーーー♪

カラオケでTRIPLANE(トライプレイン)の
「白い花」を歌わせてもらいましたが
やはり、私にはムリ!!
ただ、みんな「いい歌(詞)じゃん!!」と言ってくれたので良かったです。
ごめんね~TRIPLANE (((=ω=))) 
(ボーカルの兵衛さんと一緒に口ずさむのは気持ちいいんだけど++)

お土産にもらったソーセージ・・・。
なぜ、私の元へ?
おいしいそうです。
名前が「なつかしい味のソーセージ」
私たちにピッタリ(_≧Д≦)ノ彡☆

2009010422510000.jpg





Comment:4  Trackback:0
2009
01.03

お笑い

Category: 糸井重里さん
お正月は

年末、年始と「お笑い三昧」

M1から始まり、色々と・・・。

情報源は、小6の息子から。

「チャッチャッチャ~」(ザパンチ)

「このハッピー野郎」(NON STYLE)

出るわ出るわ、一日中、ギャグを口走っています。


やっぱり「2008年12月21日 - オートバックスM-1グランプリ2008優勝」

「NON STAYLE」 いいですね~。

お笑いに疎いσ( ̄∇ ̄;)わたし。

初めて知りました。

そして、注目株「ジャルジャル」

いいです。かわいい~。スマートなんです。

おどろく事に、あの糸井重里さんも既に注目されていました。

さっすが、糸井さん。。。私が遅いのか(_ _。)・・・

「ジャルジャル」「オードリー」 お笑いっていいなぁ~。
(*´ -`)(´- `*)
Comment:6  Trackback:0
2009
01.01

明けました;;

Category: 雑記
                         t_mojigei14.jpg

                2008123010370000.jpg
                     

                       今年も宜しくお願いします。
               *:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・

Comment:2  Trackback:0
back-to-top