2017
04.19

春ドラマ

Category: ドラマ

『カルテット』 が終わり

寂しい思いでいましたが4月から始まった春ドラマ。

おもしろいです!!

観ているドラマは

『CRISIS~公安機動捜査隊特捜班~』

『リバース』

『犯罪症候群』

『小さな巨人』

『ヒトヤノトゲ ~獄の棘~』

刑事ドラマが多いので、頭の中がゴチャゴチャしています。

2話くらいを観て、やっと整理できました┐( -"-)┌

録画をして、まだ見ていないドラマ

『4号警備』 『あなたのことはそれほど』 『やすらぎの郷』

波瑠ちゃんと東出くんのドラマ 『あなたのことはそれほど』

コミックを読まないので、内容もよく知らないまま。

波瑠ちゃんが好きなので観てみます(*´艸`)

そして、大河ドラマ 『おんな城主直虎』 

韓国ドラマ 『オクニョ』

海外ドラマ 『シカゴ・メッド』

↑ 3作品はお気に入りです。

『おんな城主直虎』 は脇を固めるベテラン俳優さんがいいですね。

南渓和尚を演じる小林薫さんとか。

『真田丸』 も草刈正雄さんが居てくれたから重厚感が増して一層楽しめました。

そして、韓国ドラマ 『オクニョ』 

監督は 『チャングムの誓い』 や 『トンイ』 を手掛けたイ・ビョンフンさん。

もう、間違いはないでしょう(*゜▽゜*)

1話から引き込まれています。

『シカゴ・メッド』

医療ドラマは、1994年から15シーズン続いた『ER 緊急救命室』 を見続けましたが

シリーズの終わりごろは、人間関係というかスタッフ同士の恋愛が重視され過ぎて

少し食傷気味でした。

『シカゴ・メッド』 も、そうなってしまうかなぁ~。

いまのところ、個性的なドクターもいておもしろく観ているのですが。


この先も

綾野剛くんの 『フランケンシュタインの恋』 も始まります。

楽しみですね。

本が読めないわけだ・・・。

積本が高くなっていきます( -.-) =з



2017
03.24

〇〇ロス・・・

Category: ドラマ

カルテット

火曜ドラマ『カルテット』

2017年1月17日火曜よる10時に始まり

3月21日 最終回でした。

『カルテット』1話を観て最初に思ったことは

(ドラマなのに舞台を見ているようだなー)と、いうこと。

なんだろう・・・みなさんの動きが大きいから?

特に家森さん。

リビングでもよく動いていました。

みなさん、階段もトントントンと登ったり降りたり。

動きにリズムがありました。


「おもしろかった」と、ひと言では言えない。

夢中で観ておりました。



観た後で、Twitterでみなさんの考察を読み

ドラマを見返すということをしていました。


劇画原作者・小池一夫さん(@koikekazuo) のtweetから


― ドラマ「カルテット」、終わってしまいました。
僕がいちばんこのドラマで印象に残ったのは、4人とも不完全な人間であるにも関わらず、
決して相手を「怒らない」「否定しない」のドラマであったなあということです。
人の非をあげつらい、嘲笑う人間ばかりが目につく世の中ですが、彼らは決して怒らない人達でした。
そこがこのドラマに心惹かれた大きな点でした。
ノクターンが、割烹 のくた庵になってもオーナーが怒るどころか着物姿で余裕なところで笑ってしまいました。
しかも流行ってる!週刊誌やステージに缶を投げ入れるような悪意に満ちた人もいる中で、最後までやさしい4人でしたね。―


なるほど!!

だから、観ていても嫌な気持ちにならなかったのかもしれませんね。


メイキングの様子など、スタッフさんのBlogで読みましたが

俳優さんの立ち位置、セリフなど

本当に細かく打ち合わせをしていることを知りました。

(どのドラマ、映画もそうなんでしょうね)

スタッフさんの姿を見ていると

「視聴率なんて関係ないじゃない!!」とは言えないなぁ。

でも、多くの人にこのドラマの良さは伝わりましたよね。


いろいろ考えながら観るのも楽しかったです。

さみしい・・・。

ありがとぅーショコラ。

センキューパセリ。



Comment:0  Trackback:0
2016
12.20

お・わ・り(_ _。)・・・

Category: ドラマ

大河ドラマ 『真田丸』 終わりましたね。

一年、飽きることなく楽しめました。

長野県上田市のドラマ館に行くほどハマりました。

幸村の最期と言えば

疲れ果て、動けなくなっているところを槍で突かれた。

自ら首を差し出した。また、豊臣秀頼とともに薩摩へ落ち

山伏姿に身をやつして生き延びた、など、諸説ありますが

今回の大河ドラマで描かれた最期は良かったと思います。

(ネタバレになるといけませんから、詳しくは書きませんが)


戦国時代のことは、時代小説を読み、大河ドラマを観てきましたが

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康のことを少し知っているだけ。

真田幸村のことは、ほとんど知りませんでした。

私、その時代の中で、気になった人物が一人でもいれば

他の武将など、周りには目がいかなくなります。

戦国時代では、柴田勝家さんが大好き。

武骨で、男気あふれる武将。

幕末では、坂本龍馬を、ただひたすらに追いかけ

本もたくさん読み、龍馬だけを見ていました。

なので、龍馬が居なくなったあとの時代には興味がなく

知らないことばかりです;;


大河ドラマを通して、真田昌幸、信之、信繁(幸村)が生きた時代を知ることができ

本当に楽しかったです。

しばらくは、録画をした、歴史秘話ヒストリアなどを観て

真田一族に浸りたいと思います。


余談ですが、三谷さんが描かれた徳川家康。

人間臭くて、面白かったぁ~。

家康は大嫌いでしたが、少しだけ、好きになりました('▽'*)




Comment:0  Trackback:0
2016
09.07

韓国歴史ドラマ

Category: ドラマ

少し前に放送されていた韓国歴史ドラマ

『ホジュン~伝説の心医~』

コチラ ↓

ホジュン~伝説の心医~

毎回、楽しみにしていましたが終わってしまいました。

ホ・ジュン ロスです(_ _。)・・・

韓国の歴史とその時代に生きたお医者様のお話は大好きな題材です。

『チャングム』 『馬医』 などですね。

また、政権争いを描く話は観ていてハラハラ・ドキドキ、そしてイライラします。

でも、好き。

『王の顔』 もおもしろく観ていました。

コチラ ↓

王の顔

今まで、何気なく観ていた歴史ドラマでしたが

世子・光海君(クァンヘグン) が気になりはじめ

『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』 (じっぴコンパクト新書)
康 熙奉 (著)

コチラ ↓

韓国王朝の歴史は

そして

『韓国人も知らない朝鮮王朝史』

コチラ ↓

韓国人も知らない

そして 『韓国歴史ドラマ完全ガイド』 など、何冊かの本を買いました。

2016年9月16日に『韓国歴史ドラマ完全ガイド』の最新版が出るんですね!!

― 日本の韓流時代劇人気の火付け役となった『チャングムの誓い』の主演女優イ・ヨンエの12年ぶりの新作『師任堂the Herstory』の韓国・日本・中国での同時放映が予定されています。秋からの新作歴史ドラマを「どこよりも詳しく、どこよりも深く」紹介するとともに、ドラマの場面カットやスターたちの発掘写真、貴重な歴史史料なども掲載します。 ―

イ・ヨンエさんのドラマが気になります(='m')

日本・中国同時放映ということは、日本はN○Kで放送でしょうか?

楽しみに待ちたいと思います。


『真田丸』も気になるけれど、韓国歴史ドラマも気になります。


Comment:0  Trackback:0
2015
11.14

ドラマ観てます

Category: ドラマ

今期のドラマ

NHK 『あさが来た』

フジ 『サイレーン』

フジ 『無痛 ~診える眼~』

テレ朝 『遺産争族』

テレ東 『釣りバカ日誌』

TBS 『コウノドリ』

NHK 『破裂』

TBS 『下町ロケット』

すごく観てます。

向井くんが出演するドラマ以外はあまり観ない・・と、いうか

一話を観て、それから観るのを止めてしまうことが多いので

これだけのドラマを見続けるのはものすごーく珍しいこと。

『サイレーン』 は桃李くんが初主演というので観るつもりでいました。

内容は、もう少しテンポ良く進めて欲しいところですが

菜々緒さんが怖くて、怖くて。

怖いもの見たさ(?)もあり毎週観ています。

『釣りバカ日誌』 このドラマ、毎週声を出して笑ってしまいます。

シーズン2、3と続けて欲しいなぁ~。

『破裂』 は、心臓を若返らせる研究に没頭するエリート医師と

来るべき高齢化社会に『究極の解決』を模索する官僚が対決。

「”ぴんぴん、ぽっくり”で老人を減らす」

このフレーズ、残酷だと感じるかも知れませんが

去年亡くなった実家の父は、脳梗塞で(認知症も)

話す事もなく、2年間もベッドの上で過ごしました。

あの姿を見ていたら長寿というのは何なのか

当時は、本人には辛いばかりで残酷なことをしているのではないかと思ってしまいました。

『破裂』 仲代達矢さんの演技も見どころのひとつです。

『遺産争族』 ドロドロしてきましたね~。

お金(遺産)があると人が変わるのは

仕方のないことなのでしょうか。

婿である育生(向井理くん) これからどうなるのかなぁ。

『コウノドリ』 毎回、考えさせられます。

登場する赤ちゃんが本当にかわいくて

でも、赤ちゃんの登場に、内心ハラハラしています。

(あー、早く、早く、タオルで包んであげて。体温が下がっちゃう)

内容に集中できないときもあります。

大きくなったとき

「ドラマで綾野剛くんに抱っこされた」と自慢できますね(笑)


そうだ。

気になったことがあります。

『無痛』 なんですが

病院内のロケで、外来に来ている患者さん役は

エキストラの方なんでしょうか。

演技をお仕事にされている方なのでしょうか。

最初のころ、患者役の方たちの不自然な存在に違和感を抱いてしまいました。

その場の空気に馴染んでいない感じが画面から伝わってくるのです。

最近はよほど気にならなくなりましたが

エキストラの方たちに来て頂いて製作費を抑えているのでしょうか。

そういうところも気にしてドラマを作って欲しいです。

と言いながら、次回も観てしまうのですが。

今期は本当にたくさん観ています。





Comment:0  Trackback:0
back-to-top