2017
04.21

行ってきました

Category: 雑記

いつも本を購入していた

三省堂書店名古屋髙島屋店は、平成28年9月29日、リニューアルのため売り場が縮小。

同じフロアに東急ハンズの文具売り場が移動してきたので便利と言えば便利。

でも、文芸誌を探したり、雑誌などはどこに置いてあるのか

フロア全体が雑然としていて、分かりにくくなってしまいました。

平成29年4月17日、タカシマヤ ゲートタワーモールの8階にオープンする日まで

少しの不便は仕方がない。

(高校生の頃からお世話になっている、あの三省堂が大きくなるのだなぁ~)

心待ちにしていました。


オープンした「三省堂 名古屋本店」 に行ってきました。

コチラ ↓

三省堂書店名古屋本店
 
大きかった~!!

うれしくて、誰もいなければスキップをして書棚を回っているほどです。

文芸、文庫なども分かりやすく置いてありました。

全体に明るく、小さな子供も行きやすい雰囲気です。

欲しい本がたくさんありましたが

恩田陸さんのサイン本があったのでそちらを購入。

20170421_113044.jpg   20170421_113126.jpg

そして、このような場所で会えるとは思っていなかった本。

20170421_113152.jpg  20170421_113424.jpg

白岩玄さんは、大好きな作家さん。

著書はすべて読み、新刊が発売されれば即購入します。

まさか、サイン本があるとは思いませんでした('▽'*)

嬉しかった♪

恩田陸さんのサイン本、白岩玄さんのサイン本は

在庫0の場合もあります。また、サイン本の写真は問題ありの時は削除します。

遊び心で、ほんおみくじも購入しました。

ほんおみくじって何?と思われた方。

コチラ ↓

三省堂

〈あの作家の『ここからはじめる。』の本の手掛かり〉

店内に置いてある、おみくじ箱の中からおみくじを引きます(無料)

引いたおみくじに書いてある番号と同じ文庫を購入するというもの。

20170421_114157.jpg

23番、好きな作家さんでした。

これから買われる方もいると思うので、作品名は伏せておきますね。

あと、コミックも購入。

20170421_113635.jpg

マンガ大賞受賞作品。

コミックは、ほとんど読まないのですが。

気になったので買ってみました。

読めるかなぁ~。

お会計が3,000円以上だったので

20170421_114724.jpg

オリジナルトートバッグをもらいました。

〈税込3,240円以上お買い上げのお客様 先着10,000名様〉 だそうです。

欲しい方はお早めに。


ジュンク堂書店 ロフト名古屋店も好きな本屋さん。

取り寄せでお世話になっているのは くまざわ書店。

読みたい本がたくさんあると楽しくなります。

あー、積本が増えそうです。



2017
04.10

男と女

Category: 雑記

先日、ダンナさん、次男、私と

ショッピングモールへ出かけました。

それぞれの買い物を済ませ食品レジへ。

長い列に並ぶのが、何より嫌いで苦手なダンナさん。

(あ、イライラしてきたな)と、私はハラハラ。

お義母さんの総菜も少し買い足すというので

私は任せて並んでいました。

以外に早くレジ前に来てしまいました。

ダンナさんを見つけ手を振りますが気が付かない様子。

カゴに入れてもらっている間に列を離れ、ダンナさんから総菜をもらいレジ前に戻りました。

私「すみませんでした」と後ろに並ばれているご夫婦に頭を下げました。

男性「いいえ、どうぞ」


こういう時、声を出して答えてくれるのは男性。

そう思ったことが、以前にもありました。


ダンナさんの運転で、大きな公園のわき道を走っていると

縦列駐車(土日は路上駐車OK)の間から

3歳くらいの男の子が飛び出してきました。

ダンナさんは公園の近くなので、注意して運転をしていたらしく

事故にはなりませんでした。

ただ、怒り爆発!!

「なにやっとる!!子供の手を握っとらんかぁ!!」

本当に危なかったので、この怒りは仕方がありません。

このとき「すみません」と頭を下げて謝ったのは男性(パパさん)。

ママさんは驚きのあと、ダンナさんの怒声に腹が立ったのかムスッとしていました。


そして、もうひとつ。

子供たちがちいさな頃、甥っ子姪っ子も一緒にレジャーランドに行ったときのこと。

ドアを開錠してポイントを探し、スタンプを押すという探検のようなイベントで

私たちの不手際というか

なぜか鍵が開かなくなってしまいました。

スタッフさんを呼び、開錠をしてもらいましたが

その間、ながーい列ができてしまいました。

私たちの不手際ではないのかも知れませんが

一応、並んでいる親子連れに

「ごめんなさい、すみません」と頭を下げました。

そこでも「いいですよー」とか、頭をペコッと下げて答えてくれたのはパパさんたち。


女性は(ママさん)は、黙っているか、不機嫌な様子が多いですね。

(そう見えただけかも・・・)

なんでかなぁ。


穂村弘さんのエッセイ集

『蚊がいる』 (角川文庫)を読んで

いろいろ、頭の隅っこにあることを思い出していました。

『蚊がいる』 おもしろかった。

感想はブクログに(='m') 。

ブクログ


  Trackback:0
2017
04.03

お墓参り

Category: 雑記

3年前の春に亡くなった父。

2年前に亡くなったお義父さんも春でした。

そして、2年前の春、次男のお友達は事故で、18歳という若さで亡くなりました。

昨日、父、お義父さん、お友達のお墓参りに行ってきました。

父、お義父は、どちらも80歳を超えていましたから

十分生きたと思います。(思いたい)

でも、次男のお友達は18歳。

墓前にはお花もたくさん供えられていました。

親より先に逝ってしまうのは、なんとも悲しいですね。


夜、父が夢に出てきました。

夢で見る父はいつでもよく話し元気な姿です。

「お父さんの分もあげるからたくさん食べなさい」と

白いご飯が盛られたお茶碗を私に差し出しています。

お父さんっ子だった私。

亡くなってまで、娘の心配をする父。

心配をかけているなーと猛省。

でも、夢で会えて幸せ。


2017
03.01

あちらでも

Category: 雑記

あちらでも、思ったことを少しだけ短く書いております。

コチラ ↓

風に乗せて

よろしくお願いします。
Comment:0  Trackback:0
2017
02.09

言葉

Category: 雑記

話すこと、書くこと、本当に難しい。

何度も何度も確認して書いてもやはり、おかしいところ、気になるところが見つかります。

↓ 歯医者さんについて書きましたが

曖昧な表現が気になり書き直しました。

(今は、女医さんと訂正しました)



先日、書店でのこと。

レジに60代くらいの女性がいらっしゃいました。

どうも、お店のサービスについて言いたいことがあるようです。

「キャンペーンで応募しようとしたら、購入した書店でスタンプを押してもらわないと

応募出来ないと言われたけど。この間、買ったときに教えてもらえなかったですよっ!」

書店員の方は

「すべてのスタッフが、知っているとは限らないので・・」

女性は

「それは、言い訳!こちらは、2度も来なくてはいけないでしょ?」

書店員の方は、謝っていらっしゃいました。

確かに、お店側のミスかも知れません。

そして、書店員の方もすぐ謝罪の言葉を口にすれば良かったのかも知れません。

それにしても、女性のお客さん、怖かったな。

言葉が、書店員さんに突き刺さるみたいに鋭く飛んで行くようでした。

一度出てしまった言葉は、戻らないですからね。

気をつけよーっと。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top