2017/02/19

さみしい



富良野GROUPの舞台が終わり

さみしくて、さみしくて。

20代のころ

富良野塾の舞台を観て

同年代の塾生さんがキラキラとまぶしく輝いているのに

一体、自分は何をしているのかと

激しく落ち込んでしまいました。


いま、その時と同じようにさみしくて。

息子たちと同世代の俳優さんたち。

キラキラしていてまぶしかったなぁ。

『走る』の舞台に参加できたことを自信に

これからも、頑張って欲しいです。

倉本先生、演者のみなさま(ケガで舞台に立つことが出来なかった方)

スタッフのみなさまへ感謝の気持ちが届きますように。


Twitterでチラッと拾い読みしましたが

17日、倉本先生は舞台にもロビーのサイン・握手にもいらっしゃらなかったとか。

体調がすぐれないのでしょうか。心配です。

(またまた、拾い読み。大阪の舞台では、変わらない倉本先生のお姿があったそうです。
安心しました。いろいろな方のtweet、ブログ記事を参考にさせていただきました。感謝です<(_ _)>・・)

2017/02/18

『走る』 富良野GROUP特別公演


2017年2月16日 富良野GROUP特別公演に行ってきました。

公演はまだ続きます。

ネタバレになることも書いています。

気になる方は、スルーしてください<(_ _)>



『倉本聰 界隈』

コチラ↓も読んでみてください。

走る


倉本先生が、1984年に設立した「富良野塾」は、2010年に閉塾しました。

私は、名古屋で舞台があるときは、出かけて観てきました。

若いころの山下澄人さんも舞台で主演を務めていらっしゃいました。

演者の方がホールで見送りをして、パンフレットにサインを書いてくださり

観客は、一人一人と握手をして、お礼を告げることが出来ました。

山下さん、大きくてカッコよかったなぁ。

今回の舞台『走る』 は、そのころの舞台を見ているようでした。

倉本先生が出演された『NHKのプロフェッショナル 仕事の流儀』で

「ここ数年は体力のことも考えて、経験豊富な役者だけを起用してきた」とありました。

前回の公演『屋根』もそうですが、確かに最近の舞台は完成されているので安心して観ていられました。

それはそれで、楽しかったです。

今回の舞台は、一般オーディションによって選ばれた方たちが演じているので

とても新鮮でした。

昔の富良野塾の舞台で感じた、演者たちの、ガツガツとした様子、不安そうなまなざし。

一人一人がセリフを言うとき、特にそう感じました。

反対に、スローモーションで動く、タップを踏むシ-ンなどは

演者たち一人一人が、力強く自信に満ちて楽しそうでした。

スーッと舞台上の空気が変わる気がしました。

これから、役者人生を歩いて行く若い方たちがまぶしかったです。


終演後、いつものように倉本先生にサインをして頂きました。

感想をお伝えして「また、名古屋にいらしてください」と、言うと

優しく微笑んで握手してくださいました。


舞台は、これが最後になるのかな。

ドラマ「やすらぎの郷」も始まります。

コチラ ↓

やすらぎの郷

楽しみに待ちたいと思います。

20170218_114147.jpg   20170218_114446.jpg




2017/02/09

言葉


話すこと、書くこと、本当に難しい。

何度も何度も確認して書いてもやはり、おかしいところ、気になるところが見つかります。

↓ 歯医者さんについて書きましたが

曖昧な表現が気になり書き直しました。

(今は、女医さんと訂正しました)



先日、書店でのこと。

レジに60代くらいの女性がいらっしゃいました。

どうも、お店のサービスについて言いたいことがあるようです。

「キャンペーンで応募しようとしたら、購入した書店でスタンプを押してもらわないと

応募出来ないと言われたけど。この間、買ったときに教えてもらえなかったですよっ!」

書店員の方は

「すべてのスタッフが、知っているとは限らないので・・」

女性は

「それは、言い訳!こちらは、2度も来なくてはいけないでしょ?」

書店員の方は、謝っていらっしゃいました。

確かに、お店側のミスかも知れません。

そして、書店員の方もすぐ謝罪の言葉を口にすれば良かったのかも知れません。

それにしても、女性のお客さん、怖かったな。

言葉が、書店員さんに突き刺さるみたいに鋭く飛んで行くようでした。

一度出てしまった言葉は、戻らないですからね。

気をつけよーっと。

2017/02/08

歯医者さん



3ヶ月に一度の検診。

無事、終了。

1本残っている親不知も虫歯になっていませんでした。

さっさと抜けばいい話ですが

私の親不知は、歯茎に埋もれたところ(根)が

ぷっくりと膨らんでいるため

抜くのに時間が掛かります。

いよいよ、ダメになったら覚悟を決めて抜きます。

そして、私がお世話になっている歯医者の先生の声が

高橋一生さんに似ている気がします。

イケメンで親切。

「はい、お口を開けてください」

「楽にしてくださいね」

私の顔の上にイケメン先生のお顔が♪


でも、歯医者さんと、産婦人科のお医者さんは

出来たら、女医さんの方がいいですね。



歯医者さんの検診で、大口を開けて

そんなことを思いました。
2017/01/27

CM


クリアアサヒ 『いつもの餃子、でしょ!』

新作、来ましたね。

コチラ ↓

クリアアサヒ

向井くんは「この幸せ、独り占め」と

ひとり餃子を楽しんでいます。


いいなぁ~、この笑顔(*゜▽゜*)

実生活では、国仲さんが居て、息子ちゃんが居て

一人ではないんですよね。


CMの世界くらい、向井くんは一人でいいんです!!