ひこーき雲に乗せて

ひこーき雲に乗せて、色々な想いを届けたいです。来て下さってありがとうございます♪

本、映画の話などなど・・・少し修正しました。


映画『メアリと魔女の花』

観てきました。

(原作を読んでいないのに、ちょっと辛口の感想です

― 7年に1度しか咲かない花「夜間飛行」を見つけた主人公のメアリが

一夜限りの不思議な力を手に入れて魔法世界の最高学府「エンドア大学」への入学を許可されるが

メアリのついた嘘によって大事件が起こる ―


分かりやすいストーリーでした。

102分の中にギュギュッと詰め込み過ぎかな。

(キャラクターにもう少し踏み込んだら、おもしろいことがたくさん起こりそうだ)

と思いました。

中途半端がもったいない。

米林宏昌監督、ハチャメチャに暴れたらいいと思いました。

そして、もうひとつ感じたこと。

背景画はさすが!!

男鹿和雄さんをアドバイザーに迎えた背景美術スタジオ・でほぎゃらりーによるもの。

ただ、室内の画が少し雑に見えました。

窓の木枠、クッション(?)の刺繍らしきものが大雑把過ぎる気がしました。

それは、わざと?そういう描き方なのでしょうか?

背景画について調べてみました。


コチラ ↓ 

庵野秀明・川上量生・西村義明が鼎談

西村:
 庵野さんはこの作品の背景美術を、どうご覧になりましたか。

庵野:
 細かく言うと、全体的に描き込みすぎだから、もうちょっと飛ばしても良いよ。
 特にこういうアニメの場合は、もうちょっとメリハリが付いた方が良いよ。ディティールがありすぎるかな。

川上:
 描き込みというのは、背景も含めて?

庵野:
 そう。ある所と、無い所のメリハリがあれば良い。でも31歳でこれだけ出来たら素晴らしいです。
あとは、「ここは白背景のままでいい」って、もっと手を抜く所、光を感じさせるには、
影を強くするのではなくどうすればいいかと、そういう技術がどんどん出てくれば、さらにすごく良くなる。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

私は、背景の描き方のバランスに違和感を感じました。

以前、ジブリの原画展(?)の展示会に行きました。

宮崎駿さんは、細かく色指定もされていました。

本当に細かく・・・。

その仕事ぶりを見て私は

(これじゃ、若い人が育たないよ)と感じました。

↑の庵野秀明・川上量生・西村義明が鼎談で

庵野:
 宮崎さんの場合、「じゃ俺が描く」っていうから、アニメーターも「じゃ宮崎さん描いて下さい」ってなる。

庵野:
 まぁ、宮崎さんの下にいると、自分で描けてしまうから人が育たないですよね。

 あ、こんな事を言っちゃいけなかったね(笑)。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
あー、やっぱりそうなんですね(='m')

アニメ映画を観て、いろいろ思ったことを書きました。

でも、劇場で観なければ分からないし感じなかったこと。

最後に、メアリがかわいかったです♪

(追記→この記事を書き、1日の終わりに

中日新聞・夕刊を読むと

コラム「大波小波」で

『メアリと魔女の花』について書かれていました。

ー 魔女の花=核エネルギーのイメージ

ファンタジーでありながら、はっきりと政治的メッセージが込められている ー

と、あります。

そんなに、壮大なテーマがあったなんて。

もう少し、内容について深く読み解く必要があったのかな。

原作を読んでみたくなりました)

ここからは、本の話。

第157回芥川賞・直木賞の受賞作が発表されました。

芥川賞には、沼田真佑さんの『影裏(えいり)』

そして、直木賞には、佐藤正午さんの『月の満ち欠け』が選ばれました。


沼田真佑さんの『影裏(えいり)』は

文學界(5月号)で読みました。

そのときのtweetはこちら↓


『評論 酒井信 吉田修一論―現代文学の風土(後編)』 を読むため 『文學界5月号』を4月に購入していた。
吉田修一論を読む前に、新人賞受賞作、沼田真佑さんの 『影裏(えいり)』 を読む。
頭の中を整理しないと何も言えないけれど、沼田さんには、この先も書き続けてほしいと強く思った。


吉田修一さんが好きな方は、沼田真佑さんの作品を読まれると

お気に入りの作家さんになると思います。

たくさん書いてほしいです。

『影裏』 について

松江松恋さん(@from41tohomania)さんが

― 「影裏」は震災小説というよりも第一に釣り小説なので、「週刊つりニュース」はインタビューに行くべきだと思う。文学界新人賞の選評で円城塔氏も書いておられたが、本当に釣りの場面が楽しい。釣りに行きたくなる。自然描写がいきいきとしていて、読んでいて本当に心地よかった。期待の新人だ ―

とtweetされています。

単行本になったら購入して、もう一度じっくり読んでみます。

楽しみ、楽しみ。

『Laundry Snow』


高橋一生さんと武井咲ちゃんが出演しているショートムービー

資生堂『Laundry Snow』 が、7月7日から公開されています。

コチラ ↓

スノービューティー2017

期間限定スペシャルショートドラマ 朝篇/夜篇


期間限定はもったいない!!

すてきな映像美です。

コチラ ↓ インタビューなども読むことが出来ます。

PRTIMES

好きなシーンがあります。

Laundry Snow

(PRTIMES さんからお借りしました)

お二人が向かい合いう背景には

小物がズラリと並んでいます。

近くでじっくりと見たい!!

時計とか、ランプとか、詳しく知りたいです。



CM、ドラマなど、一生さん、大人気ですね。

Wikipediaを見ると、ズラーッと出演作品が書かれています。

ご本人がすてきなことに間違いはありませんが

しっかりとしたキャリアがあるから、見るものを魅了するのかな。

--------------------------------------------------------------------------

連続ドラマW 『アキラとあきら』

毎日新聞のインタビューで

コチラ ↓

毎日新聞

― 斎藤さんは、ライバルとして誰かを強く意識することは「全くない」と言いつつ、
「ただ、同世代として、(向井)理がどういうプロセスで今の地位を築いているか、
ということはずいぶん前から意識していました」と明かす。
「綾野剛とか金子ノブアキとか、同世代で意識している人は何人かいるんですけれど。
彼らがどういうポジショニングをしているか……。
自分の強みってなんだろう、と考える理由の、一つの要素ではあります」と話す ―


同世代俳優として意識され、斎藤工さんと向井理くんは

お互いに、いい刺激を与える存在なんですね。


真実かどうか分かりませんが

ひとつの不祥事で消えてしまった俳優さんを思うと

その事件(?)だけが原因ではないような気がします。

(あの人、久しく観ないな)と思っていたところに衝撃のニュース。

『シュアリー・サムデイ』 大好きな映画です。

小栗旬くんや、綾野剛くんなどと映画の中で輝いていたのに

残念で仕方ありません。


一生さんや、向井くんなどの活躍をみていて

ふと、そんなことを思いました。


やすらぎの郷



テレビ朝日系列 『やすらぎの郷』

コチラ ↓

やすらぎの郷

6月29日(金) 倉本聰先生と、中島みゆきさん?

(あの映画監督のアルフレッド・ヒッチコック氏も自作にカメオ出演していました)


IMG_0215.jpg



そして、若松プロデューサー:天宮良さん 

若手人気イケメン俳優、四宮道弘:向井理くん

IMG_0202.jpg

IMG_0207.jpg

コチラ ↓ 写真があります。

やすらぎの郷 65話

【ゲスト】
四宮道弘(シノ)…向井 理
若松プロデューサー…天宮 良



天宮良さんと言えば

コチラ ↓ Wikipediaより

― 『昨日、悲別で』(きのう、かなしべつで)
天宮良の主演デビュー作である。
日本テレビ系列で1984年3月9日から放送された倉本聰脚本のテレビドラマ(全13回)。
夢を追いかけて東京に出た若者と、故郷に残って地元で働く若者の心の交流を描いたストーリー。
物語の舞台は、東京、北海道・悲別町(上砂川町がモデルの架空の町) ―

ドラマも観ていましたが

倉本先生が主催する舞台で主演を務めていらっしゃるとき

何度か拝見しました。

『やすらぎの郷で』 ゲスト出演されているのを知らなかったので驚きました。

向井くんと、天宮さんが並んでいます。

感無量ですo(´^`)o


同じころ、舞台には、富良野塾卒塾生として

山下澄人さんも出演されていて何度か観劇しました。

いまでは、大作家先生ですが

『やすらぎの郷』 にも出演されていたのですね。

(録画をしていますが、まだ全話観ていないので・・・)

コチラ ↓ 

やすらぎの郷 36話

キャストには、進藤秀夫(施設主任)
………山下澄人

と、あります。

私と同世代の俳優さん(天宮良さん、山下澄人さん)

若手人気イケメン俳優(向井理くん)が

倉本先生のドラマに出演されて、うれしくて言葉になりません。

『やすらぎの郷』 は永久保存版♪

(雨宮良→天宮良さん、訂正しました。
お名前を間違えてしまい、すみません)

TRIPLANE


なにか、重大なことが起こりそうな予感。

6月30日(金)の兵衛くんのtweet

コチラ ↓

(@HYOUE_TRIPLANE )

-- ありがとう、今日まで。

そして、明日は新時代の幕開け ― 



7月1日になればすべてが明らかになる。

なにがあっても受け止めようと思っていました。

(独立かな~) チラッと思いましたが

ジワジワと、黒い影が胸に沁みてきました。

万にひとつ、いや、一億にひとつでも・・・そういう(解散とか?)結果でも

メンバーが決めたこと。

受け入れようと思っていました。

新しくなったHP

コチラ ↓

TRIPLANE

BLOGには

「デビュー以来13年間お世話になり日々を共に歩んできたavexを離れ、この度独立する事となりました」とあります。

初の有料ファンクラブもオープン!!

ファンの私たちは 『Passengers』=『乗組員』 ですって!!!

ファンクラブのMOVIEを観て

泣けてきました( ノД`)

いつもと変わらない、兵衛くんがいて、ケインさんがいて

和也くんがいて、リーダー・たんくんがいるのです。

当たり前だと思っていた光景が、これほどまでにありがたいことだったとは。



大好きなTRIPLANEが、大きく自由に羽ばたけるように

今まで以上に応援もがんばらないと!!

『いつまた、君と~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~』


2回目の『いつまた、君と~何日君再来~』

観てきました。

5月に行われた舞台挨拶付先行上映会はTOHOシネマズ 名古屋ベイシティでした。

大きなスクリーンで観ましたが

きのう行った映画館は、109シネマズ名古屋。

すこし小さなスクリーンでした。

若い女性、ご夫婦など、幅広い世代の方がいらっしゃいました。

男の方、お一人さまも。

1回観ているのにタイトル『いつまた、君と~何日君再来~』を観たら

涙があふれてきました。

それからは、泣けて泣けてo(´^`)o

1回目を観て、特に好きだったシーンは

吾郎が、朋子と子供たちに「鬼の踊り」を披露する箇所です。

〈それは、有名な舞踏家のモノマネだった。昔、南京で一度、踊ってくれたことがある・・・〉

(ノベライズ・五十嵐佳子さん。P131より引用)

ph04.jpg

そして

コチラ ↓

TVLIFE web からお借りしました。


― 印象に残っているシーンについて聞かれると、尾野は「全部のシーンが我が子のようです(笑)。家族で笑っているシーンは楽しくってみんなが幸せのシーンなので楽しかったです」と撮影当時を振り返った。向井は「僕は躍っているシーンですかね。大幅にカットされちゃいましたけど(笑)。南京の時代に、若かった吾郎が子供たちに向けて踊るシーンがあるんです。現場では一人でずっと踊っているので体力的にキツかったですが、子供たちの自然なリアクションを撮るために一発本番で臨みました」と語ると、駿河は「向井君が1人で踊っているところを見て、尾野さんと2人で笑ってました」とこぼれ話を披露した ―

2回目はしっかり観てきました。

なるほど!!

子供たちの笑顔が自然で、本当にしあわせそう♪

向井くん、大きな背中の頼れるお父さんになっていました。

重厚感のある演技をする、すてきな俳優さんになりましたね。

(偉そうにすみません)

多くの方に観てほしいな。

心からそう思える作品です。



勉強不足で恥ずかしいのですが

高畑充希さんの歌う『何日君再来』

日本での曲名は『いつの日君帰る』 テレサ・テンさん、ジュディ・オングさん

夏川りみさん、石川さゆりさんなど、多くの歌手の方が歌われていたのですね。

きのう見終えたとき、年配の女性が口ずさんでいらっしゃいました。

お馴染みの歌だったのかな。

高畑充希さんの歌声も透明感があり素敵です。

7月に入ると、109シネマズ名古屋での上映は1日2回になってしまいます。

多くの方に届きますように<(_ _)>